冨樫義博の息子は麻布の学校に通ってる?休載理由は病気なの?

今回は冨樫義弘さんについてまとめていきます。

冨樫義博には息子がいるの?

まずは、冨樫さんの簡単なプロフィールについてご紹介します!

冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ、1966年4月27日- )は、日本の漫画家。

日本を代表する人気漫画家さんです。

漫画好きなら知らない人はいないでしょう。

1987年に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、1989年(平成元年)から『週刊少年ジャンプ』で開始した「てんで性悪キューピッド」で連載デビュー。

主に『週刊少年ジャンプ』で活躍。

代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』はいずれもテレビアニメ化されている。

『幽☆遊☆白書』により1993年、第39回小学館漫画賞少年部門受賞。

スポンサーリンク

『週刊少年ジャンプ』誌上において『HUNTER×HUNTER』を不定期連載中

テレビアニメ化を果たし、長年連載される作品が多くあります。

代表作は、『幽☆遊☆白書』です。

ご存知の方もたくさんいるでしょう。

現在は『HUNTER×HUNTER』を不定期ながらも連載しています。

そんな冨樫さん、どんな性格かというと…。

アシスタントをされていた方からのコメントでは

先生自身も、いい意味で全く変わりませんでした。

いつも穏やかで、本当に、人格者なんですよ。

この本も、何よりもまず、冨樫先生の人柄を伝えられればと思っていました。

というように、とても穏やかで良い人のようですね。

さて、冨樫さんの息子さんはどんな方なのでしょうか。

冨樫義博先生の子供は何人いますか?

息子と娘の産まれた順番も教えて下さい。

確か子供は2人娘と男の子がいますよ。

子供達は親が家で仕事せずにゲームやっているのを見てどう思っているのやら(・ω・)ノ

生まれた順は娘が先に生まれて男の子が後に生まれました。

お子さんは、どうやら2人いるらしいです。

2人目のお子さんが息子さんということですね。

ある漫画の巻末のコメントには、

息子の授業参観に行きました。

小学生からやり直したい。大人可の小学校ないすか?

こんな投稿もありました!

普段は良いパパの面があるようですね。

ちなみに…奥さんは何と、「セーラームーン」の作者の武内直子さんだというのです。

結婚後、武内直子さんが休業中には冨樫義博さんのアシスタントをされたりしていたそうです。

もともと、相当なおしどり夫婦で、互いを”姫””王子”と呼び合うなど相当な仲としても、2人は有名です。

スポンサーリンク

両親が漫画家さんなんて、きっと子供たちもイラストの才能があるんでしょうね。

まだお子さんは小さいようですが、今後が楽しみですね。

冨樫義博の息子は麻布の学校に通ってる?

冨樫さんの息子さんが、麻布の学校に通っていると話題です。

麻布と言えば、芸能人が沢山住む場所。

やはり人気漫画家となると、別格なのでしょうか…。

冨樫の息子は金持ちばっかりの私立の学校行ってそう。

あと周りにハンターファンあまりいないんじゃね?

こういった憶測の意見はたくさんあるのですが、肝心の学校については明かされていません。

ご夫妻の資産ですが、

冨樫義博さんは「HUNTER×HUNTER」の総売り上げ部数だけで7000万部近くあり、また「幽☆遊☆白書」に関しても約5000万部も売り上げています。

武内直子さんもセーラームーンが世界的にヒットしており、結婚当時から超売れっ子同士の結婚として大変話題となりました。

年収は二人ともゆうに億越えでしょう。

お二人はマンションをポンと値下げなく買ったという逸話も残っており、印税だけでも相当な額になっているのは間違いないと思われます。

資産も何十億もあるとの噂です!

こんだけあれば、連載を休止していてもどんどんお金が入ってきますね。

息子さんが麻布の学校に行っていてもおかしくありません。

羨ましい限りですね…。

冨樫義博の休載理由は病気との噂が?

冨樫さんは現在、『HUNTER×HUNTER』を休止されています。ネット上では、病気なのでは?という声もあるのです。

果たして真相は何なのでしょうか。

冨樫病(とがしびょう)とは、別名「漫画描きたくないよ病(無気力症候群の作家版)」とも呼ばれ、釘宮病と並びサブカルに因果関係を発する日本の二大奇病の指定を受けている病気で、漫画家・冨樫義博さんに最初に確認された症例だった為、こう名付けられました。この病気は冨樫義博さんのように大人気漫画や小説家がなることが多い」

何度も休載を行うため、「冨樫病」というネタのような病気がネット上で作られました。

確かに、漫画家さんはたまに休載になることがありますね。

また、こんな説もあります。

実は、冨樫義博さんは、「幽遊白書」を描いていた時からの酷い腰痛持ちだったのだとか。

このことは「幽遊白書」6巻のカバーに、腰痛がひどくて寝ながら原稿を描いていたとのコメントが記されています。

実際にも、2014年に休載した時には、「休載のおしらせ」として、「重度の腰痛により執筆が困難な状況」とハッキリと説明されているんです。

ほんとうの病気となるととても心配ですね…

これだけネット上に休載についての憶測があることからも、富樫さんがファンに愛されているのがよくわかりました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする