【産後うつだった】山田花子の2人の息子はクラスの人気者!東大生にすべく子育て奮闘中?

お笑い芸人の山田花子さんには2人の息子さんがいます。

どんなお子さんなのでしょうか。ご紹介します。

山田花子の息子は2人


出典:https://twitter.com/

山田花子さんは、2010年にトランペット講師である福島正紀さんと結婚しました。

そんな旦那さんとの間には、2人の息子がいます。

  • 長男は、2012年6月29日生まれの悠斗(ゆうと)くん
  • 次男は、2016年5月7日生まれの彩斗(あやと)くん


出典:山田花子、家族3ショット初披露 息子の将来は「公務員」希望

2人共、帝王切開での出産だったようで、彩斗くんを妊娠している時には妊娠糖尿病にかかってしまい、更には妊娠高血圧症候群になってしまったそう。

毎日、血圧計と向き合う生活をしていたんだとか。。

旦那さんは2人目を熱望していたようで、妊娠を報告した時は泣きながら喜んでくれた様です。

そんな旦那さんの姿は、山田花子さんも嬉しかったことだと思います。

スポンサーリンク


出典:山田花子が第二子の子供妊娠(出産画像)でも、旦那(夫)が年収ゼロで最低

山田花子さんが息子さんと一緒に写る顔写真はどれも凄く幸せそうで、見ているこちらもほっこりします!

他にも、山田花子さんの子供はダウン症なのではないか?という噂もありますが、調べてみても情報は得られませんでしたし、根拠のない噂なのでデマでしょう。

 

早くも、東京大学志望?


出典:https://www.instagram.com

山田花子さんの息子さんは、長男が2012年生まれ、次男も2016年生まれとまだ子供ですから、まだ大学に入れる年ではありません。

しかし、2人の息子さんを東大に入れるために、山田花子さんが奮闘しているという情報がありましたので、ご紹介します。

  • 山田花子は子供に対して「東大が最終目標やから」と言う
  • 自分がなりたい職業に就けるようにいろんな選択肢を(子どもに)あげたいから
  • 「東大だったら、政治家や医者にもなれるでしょう?と教育熱心さをアッピール

タレントとしても活躍している、予備校講師の林修さんにも真剣に相談したことがあるんだとか。現在、長男の悠斗くん英語や水泳、フランス語など5つの習い事に励んでいています。

それを4歳頃から始めていたというから驚きですし、そんなに小さい頃からこんなに詰め込んでやらせなくても・・・とは思ってしまいます。


出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

しかし、山田花子さんには、息子さんに将来の選択肢を持たせてあげるという他にも、理由があったようです。

「旦那さんのようにならないようにするため」と言われているんです。

「キスは1回1000円、行為は10万円」といったように値段がついていることはテレビなどのメディアなどで山田花子さんの口から暴露されています。

正直浮気も多いようですが、本人は悪いことをしたという気もあまりなさそう。。

そのことから、ずっと旦那さんへ批判的な声は多く上がっていました。

いくら旦那さんの収入が少ないにしても、お金をとってスキンシップをしなければいけないなんて・・・。

いわゆるヒモ状態の旦那さんを見ていれば、自分の息子はこんな人にはなって欲しくないと思うのは、当然のことかもしれません。

「息子にきちんと勉強させてあげたい」「苦労して欲しくない」というのも親心としては自然ですが、息子さんや山田花子さんの負担にならない程度にしてあげて欲しいですね。。

(ただ、現在も離婚はしていませんし、エピソードを聞いていても夫婦仲は悪いようには思いません。個人的には話題を振りまくための正直、ネタなのかな?と思っています。)

 

子育て中エピソード

山田花子さんは日々、様々なことで思い悩みながらも子育てに奮闘しています。

 

産後うつだった

息子さんを出産した病院がミルクではなく「母乳で育てましょう」という方針の病院だったために、息子さんがまだ0歳~1歳の時、母乳をあげていたようなんですが、赤ちゃんがなかなかうまく飲めず、大変苦労したそう。

そして、当時は東京住まいで誰にも相談することができず正直、産後うつになったそうなんですが、「この子を死なせるわけにはいかない」と必死で、さらには子供がなかなか寝付かないから、ただただ毎日夜を待つだけの日々が続いたそうです。

 

「視力を悪くさせたかもしれない」と後悔

保育園の先生から「長男くんが、黒板の字を醜くしてるから、もしかして目が悪いんじゃないですか?」と言われたものの、山田花子さんも旦那さんも目が良かったことから、「そんなことはない、大丈夫やろう」と放置。

さらに、就学前検診の時にも指摘を受けたようなんですが、「意味がわかってなかっただけだろう」とここでも放置。

子供本人も何も言わなかったために、何も対策をうたなかったそうです。

そして、次は色の検査で「色がわかってません」という診断結果が。

しかし、ここでも「色がわかってないだけだ」「普通に塗り絵してるし、大丈夫だろう」と放置。

小学二年生時の視力検査で、やはり視力が出ていないという診断結果が出て、学校の先生から「一度、眼科へ行ってやってください」とわざわざ頭を下げて挨拶にきたことから、ようやく眼科へ。

そして、メガネをかけ始めたそう。初めてメガネをかけた時、息子さんは「うわー!」とはっきりくっきり世界が見えることに感動したようです。

視力が悪いことは決して喜ばしいことではないですが、そうやって感動してくれるのは親としては「やっててよかった」と思うエピソードですね。

山田花子さんは、「携帯やタブレットを見せすぎたかな。悪いことしたな」と反省。子供たちには、画面からなるべく離れるように伝えてるようです。

 

お笑いのセンスはない

息子さんたちは性格が明るくクラスでもムードメーカーだそうなんですが、山田花子さん曰く「お笑いのセンスはない」とのこと。

「明るい」と「おもしろい」は違う。という独自の意見を述べており、プロ目線で見て見込みがないと思っているそう。

「もし、子供がお笑い芸人を目指す」と言ったら?という質問には、「絶対に止める。反対」と主張。息子さんたちには、普通の会社員になって欲しいそうです。

ちなみに、父親の才能を受けて音楽の才能は?と言うと、こちらもまったくだそう。

長男が3歳くらいの時にピアノを習わせたそうなんですが、ピアノの前の椅子にじっと座ることすらできず、断念したんだとか。

これから、どんな子に育つか、楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)