高橋由佳利の息子の大学はどこ?現在の活動について。

今回は高橋由佳利さんについて調べてみました。

高橋由佳利の息子について

トルコで私も考えたシリーズが有名な漫画家の高橋由佳利さんのご家族、私生活などについて色々調べて見ました。

実生活を描いた漫画、「トルコで私も考えた」は大ヒットしました。

そこには息子さんが度々登場されています。現在はどうしておられるのでしょうか。

漫画家として知られる高橋由佳里さんですが、これまで数々の作品を世に生み出して来られました。

デビューは「リボン」夏の増刊号に記載された「お月さま笑った?」です。

その後掲載誌は変わっていきますが、数々の少女漫画を描き続けておられます。

そして数々の作品を生み出してきた高橋由佳利さんの作品の中でも最もファンに愛されている作品が、作者である高橋由佳利さんの実生活を漫画家し、現在ではシリーズ化もされている「トルコで私も考えた」。

スポンサーリンク

なかなか経験できないトルコでの暮らしを描いてるこの作品は、実は高橋由佳利さんの人生の節目であり結婚のきっかけにもなったトルコでの出会いも描いています。

当時漫画家を辞めたいと、人生を見つめなおすためにトルコを訪れたそうです。

そこで転機が訪れることになるとは、本当に人生何が起こるかわかりませんね。

トルコで宿泊したホテルの1階で旅行代理店を経営していた人と結婚することになったそうです。

その後お子さんを出産し神戸に移り住み、そこで旦那さんは母国の郷土料理であるトルコ料理を売りとしたお店を開業されました。

そして、漫画家を辞める節目で訪れたトルコでの日々を描いた「トルコで私も考えた」が、ロングセラーのシリーズ化までなってしまうほどの大ヒットです!!

本当に人生どこでどうなるかわかりません。

高橋由佳利さんの旦那さんはトルコで出会ったトルコ人のタイフンさん。

色々な苦労を経てたどり着いたのが神戸にオープンしたトルコ料理店「ケナン」。

多彩な味を彩る世界三大料理の一つであるトルコ料理を日本で再現し、これまで多くの人に愛されてきたケナン。

そのレパートリーはいくつもあり、飽きないそして楽しい料理を数々提供していました。

しかし、漫画家である高橋由佳利さんの仕事に理解がなかったタイフンさんは、高橋由佳利さんが有名になっていくにつれてどんどん不満を募らせていたとのこと。

どうやら自分の知らないところで不特定多数の人達に自分の事を知られていく事に不愉快を感じていたらしく、時には離婚の話まで出ていたほど深刻だった時期もあったとのこと。

それでも漫画家を辞めたくなかった高橋由佳利さんは、ずっとタイフンさんを説得し続けたそうです。

スポンサーリンク

お店が忙しくなっていくにつれ、タイフンさんの不満は忙しさで紛れていき、高橋由佳利さんの言葉にも空返事を返すようになっていったようです。

夫婦の危機的状況にも思えるなか、それをチャンスと捉えた高橋由佳利さんは、どさくさに紛れてタイフンさんを説得にかかったそうです。

当時の様子を高橋由佳利さんはこのように語っています。

「ずっと「描いていい?」って言い続けていたら、だんだんテキトーな返事をするようになって「いまがチャンスだ!」と。

当時は息子も「友達が読むから描かないで」って言うようになっていた。

だから絵コンテを息子と主人に見せて、チェックしてもらってました。

でもそれも最初の3回くらいで。

まあ、作戦勝ちですね。」

なかなか神経の図太い高橋由佳利さんですよね。

そんな努力もあったからこそ、その後もファンを楽しませるこの漫画を描き続けられたんですね。

ご主人、息子さん、ご家族の協力?あってこそ!!のシリーズ漫画だったんですね。

高橋由佳利の息子の大学はどこ?

「トルコで私も考えた」の最新刊では息子のケナンさんが大学生になっている事が明かされています。

しかも、その大学というのがあの「東京大学」!!

東京大学へ入学するには間違いなく血もにじむ努力が必要だと思いますが、トルコ住みのケナンさんにとっては人生を大きく変えるきっかけだったそうです。

「トルコで私も考えたジェネレーションズ」にその様子が描かれています。

高橋由佳利の現在の活動について

産経新聞大阪版の夕刊に高橋由佳利さん制作の記事が毎週記載されているようです。

現在は漫画家活動の傍ら新聞記事の一面を担当しておられるようです。

その内容はトルコの日常の一コマや、トルコの暮らしで感じたトルコの様子を和やかに描いた記事だそうです。

時には考えさせられるまじめな話や、時にはくすっと笑ってしまうような和やかな話など、毎週高橋由佳利さんのイラスト付きでトルコでの日常を描いてるようです。

トルコは高橋由佳利さんの人生を大きく変えた地なんですね。

なかなかそのような運命の出会いを遂げることはないかもしれませんが、高橋由佳利さんの作品を通じて、今はまだ見ぬ運命の出会いに期待して見たいですね!

今後も漫画や新聞記事を通してトルコの様子や高橋由佳利さんのその後の人生に注目していきたいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする