佐野浅夫に息子がいるの?現在について。水戸黄門に出演!

第3代目水戸光圀役として活躍していた俳優の佐野浅夫さんには息子がいるようです。

今回は佐野浅夫さんの息子さんに注目して記事を作成しました。

また、佐野浅夫さんの水戸黄門に出演のことや現在についても調べました。

佐野浅夫には息子がいるの?

佐野浅夫さんの息子について調べました。

まず、佐野浅夫さんの奥さんについて、現在は2人目の奥さんだそうです。

1998年に先妻・英子夫人に先立たれ、芸能活動を休止したが、2000年2月に、21歳年下の育子夫人と再婚した

奥さんが他界されて活動を休止しており、相当ショックだったのでしょうね。

なお、再婚相手の方は目黒に京料理を出店されているようです。

スポンサーリンク

次に息子さんの情報についてです。

育子夫人と前夫との間の長男は大学教員、次男は競輪選手の川村晃司。

長男についての情報はありませんでしたが、次男の川村晃司さんは競輪選手ということで、ネット上でも情報が見つかります。

川村晃司さんについてまとめました。

佐野浅夫さんの息子は川村晃司さんという京都府を登録地としている競輪選手です。

川村晃司さんの画像はこちらです。

川村晃司さんは競輪選手として数々の記録を残しています。

2013年第22回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(弥彦) 9位

2013年12月に行われた、広島、佐世保の両記念を制し、2週連続の記念優勝を果たした。

2016年 第69回日本選手権競輪(名古屋競輪場) 2位

2018年3月にも「ももたろう賞」(優秀)で1着になっています。

2日目12Rに「ももたろう賞」(優秀)が行われ、8番手に置かれた川村晃司(41)=京都・85期・S1=が最終バックからのまくり追い込みで1着

2000年8月のデビューから1525走で通算400勝を飾った。

川村晃司さんは現在42歳ですが、競輪選手は40代、50代になっても第一線で活躍する選手が珍しくありません。

競輪選手が他のスポーツと違って、選手としての寿命が長い理由をちょっと見てみましょう。

1つは、自転車をこぐという競技の特性から、体への負担が少ないというものです。

スポンサーリンク

競輪選手は、自転車をこぐため、地面や床からの反発を受けません。

また、ペダルをこいでも、ペダルが回転していくため、足に受ける衝撃も小さくてすみます

2つめの理由は、競輪独特の戦法です。

走行タイムではなく、ゴールを通過した順番でレース結果を決めていきます。

しかも、そのレースでは、競輪独特の戦術が用いられます。

競輪のレースは、参加選手が1列になってバンクを周回し、最後の1周でラストスパートをかけるという展開が多くなっています。

つまり、2000m、3000mのレースでも、勝負の行方は、ほぼ最後の1周だけにかかっているのです。

50代になっても現役バリバリのスポーツ選手ってちょっとすごいと思いますね。

川村晃司さんもまだまだ活躍できるのでしょう。

佐野浅夫は水戸黄門シリーズへの出演で有名!

佐野浅夫さんは「私は貝になりたい」、「肝っ玉かあさん」シリーズ、「ありがとう」シリーズなど数多くのドラマに出演しています。

中でも「水戸黄門」の出演は有名です。

佐野浅夫さんは第3代目水戸光圀役として活躍していました。

1993年に『水戸黄門』で第3代目水戸光圀役を演じ、2000年まで光圀役を務めました。

全246回でした。

水戸黄門の決め台詞も246回放っているということですね。

また、佐野浅夫さんは脇役としても出演をしていました。

佐野浅夫さんは三代目水戸光圀役に選ばれる前にも水戸黄門に出演していました。

初めて水戸黄門に出演したのは『水戸黄門第6部29話』で碇屋嘉六役で登場しました。

佐野浅夫さんが演じた水戸光圀は庶民的で優しく涙もろいことから「泣き虫黄門様」として人気の光圀でした。

水戸光圀役を引退してからも、何度が水戸黄門には出演しており、2003年12月15日に放送された1000回記念スペシャルでは服部半蔵役で出演しています。

これだけ出演しているとやはり「佐野浅夫さんといえば水戸黄門」という印象になりますよね。

そんな佐野浅夫さんは現在何をしているのでしょうか。

佐野浅夫は現在どうしてる?

佐野浅夫さんは現在94歳ですが、最近の活動についての情報が見つかりました。

現在は高齢ということもあり、俳優業はしていませんでしたが、講演会や著書としての活動は最近まで行っていました。

流石に94歳で俳優のお仕事は厳しいでしょうかね。

最近はテレビで見られませんが元気でいてくれたら良いですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする