長内美那子に息子がいるの?若い頃の画像は?コードブルーに出演?

いつまでも美しくて品のある雰囲気が魅力てきな女優、長内美那子さん。

彼女のプライベートについて調べてみました。

長内美那子について

長内美那子さんは1939年生まれ、現在は79歳の女優さんです。

長内 美那子(おさない みなこ、1939年2月17 )は、日本の女優。

本名、宗像 美那子

旧姓名は芸名と同じ。

身長155cm、体重41kg。

夫は俳優の宗方勝巳。

ご主人は俳優の宗方勝巳さんだそう。

スポンサーリンク

芸能界でもおしどり夫婦として知られるお二人。

並んだ姿もお美しいですねえ。

長内さんは今の方にはあまり知られていないかもですが、昼メロの女王とも言われた方。

清楚なお姿からは想像できないほど、多くのドロドロしたドラマでドロドロした役を演じてきたのです。

1965年、ライオン奥様劇場(フジテレビ)で放送された『愛染かつら』のヒロイン・高石かつ枝役で一躍脚光を浴びる。

『愛染かつら』は平均視聴率28%を獲得している。

当時の人気を紹介した記事の中で「現代離れした内容なので最初は受けるとは思いませんでしたが、女学生からのファンレターが殺到して驚きました」と述べている。

以後、昼メロでヒロイン役を多数演じる。

透明感あふれる美貌と、儚げな雰囲気が女性からも男性からも指示されていたのです。

長内美那子と俳優の宗方勝巳との馴れ初めは?

そんな人気絶頂の長内さんを射止めた宗方さん。

お二人の出会いはどんなものだったのでしょうか。

長内美那子さんと夫の宗方勝巳さんは馴れ初めはドラマでの共演だそうです。

川端康成さんの小説「古都」を映像化した作品で、1966年長内美那子さん主演でTV放送されました。

宗方勝巳さんが1937年生まれ、長内美那子さんが1939年生まれですので、夫の宗方勝巳さんが二つ年上のご夫婦ですね。

ドラマでの共演は芸能人結婚あるあるですが、長内さんも例にもれなかったようです。

きっとロマンチックで素敵なカップルだったのでしょうね。

長内美那子には息子がいるの?

長内美那子さんには息子がいるのでしょうか。

宗方勝巳とは、1966年のライオン奥様劇場の『古都』の共演がきっかけで1967年に結婚し、二男がいる。

どうやら2人の息子さんがいるみたいですね。

しかし一般人のため、細かい情報は非公開。

また、長内さんも宗方さんもSNSやメディアを使いこなすタイプではないようで、一切の情報は出していませんでした。

スポンサーリンク

普通に大きくなていれば、息子さんたちは現在は50前くらいでしょうか。

長内さんご夫婦にもお孫さんがいてもおかしくなさそうですね。

長内美那子の若い頃の画像

昔の女優はみんな綺麗だった…と言われますよね。

デヴィ夫人しかり、吉永小百合しかり…今でも美しい人は当時も美しかったようです。

もちろん、長内さんもその1人。

若い頃の画像を見ると、びっくりしますよ!

天女か何かか、と思うほどの美しさ…!

透き通る肌と芯の強い目元、当時男性のみならず女性のハートも鷲掴みにしていた、というのも頷けます。

また、メイクも今でも通用するものですので、それもまた現代の美的感覚によく合いより美しく見えるのでしょうか。

ちなみに正面からの画像がこちら。

ハーフみたいですね!

ヌーディーなメイクが色っぽく、当時のナース姿に心を射抜かれた男性は多かったことでしょう。

長内美那子はコードブルーに出演していた?

長内美那子さんは、実はあの名作「コードブルー」にも出演をしていました。

当時の役所は田所麗子という役柄。

それ以外にも相棒や下町ロケットにも出演していました。

結構話題の映画・ドラマにもちらほら出演しているのですね!

長内美那子の現在

現在の長内美那子さんは、上でもちょこっと書いたように、ちょこちょこドラマや映画に出演していらっしゃいます。

さらに、今は朗読劇を主な活動の場にしているそう。

そんなことを思っていたら、最近では「下町ロケット」に出演されてました。

すごく話題になったドラマですが、管理人は見てませんでした。

毎年の夏に開催される「この子たちの夏」という朗読劇をライフワークにされてるそうです。

声が出る間は続けたいと思われています。

最近はどうかわからないですが、ボイストレーニングをされていました。

毎日の1万歩の早歩きや散歩などをして健康に気を使われているという話を聞いたことがあります。

どうやらまだまだお元気で毎日活躍している様子!

80歳手前になっても、前向きで現役で頑張る姿勢はとても美しいものですね!

ぜひこれからも、ご夫婦で仲良く元気に過ごしてほしいものです。

長内美那子さんの記事については以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする