岡部幸雄に息子がいるの?現在について。性格は?殴るとは?

今回は元騎手の岡部幸雄(おかべ ゆきお)さんについてみていきましょう。

岡部幸雄には息子がいるの?

岡部幸雄さんといえば、騎手として歴代2位となる2,943勝をあげ、騎手大賞2回を含め多くの賞を受賞するなど優れた成績を残したジョッキーです。

そんな岡部幸雄さんの私生活はあまり知られていませんが、家庭第一主義として有名だそうです。

岡部は家庭を大切にし、騎手としての全盛期にも「世界で一番家族が大切」「仕事と家庭、どちらかを捨てなければならない状況に直面した(ならば)躊躇なくボクは馬をやめる決断をする」と公言していた。

岡部幸雄さんは競馬社会の血縁関係などに縛られることを嫌がっていて、競馬とは関係のない一般女性と結婚しています。

騎手時代の岡部は、子供の学校行事に一度も出席できなかったり、妻の出産に一度も立ち会えないなど、家族との交流が制限されていた。

そのため騎手引退後は父親と旅に出たり子供の学校行事に参加するなど、家族との交流に努めている。

また、「好きなこと」「現役時代にできなかったこと」に挑戦し、新たな趣味としてスキューバダイビングやサーフィンなどを始めた。

スポンサーリンク

このように結婚していてお子さんがいることは分かっているのですが、お子さんの性別までは不明でした。

岡部幸雄の性格について

岡部幸雄さんはエージェント制を初めて取り入れた騎手としても有名ですね。

トップジョッキーがフリーで活動する流れを作ったのも岡部騎手ですが、エージェント制はレースに集中するためでもありました。

エージェント制度に反発して引退した藤田伸二騎手などとは、あまり上手くは行っていないようです。

藤田騎手の引退後、エージェント制度について岡部騎手が反論していたこともあります。

古いしがらみを嫌い、頑固でまっすぐなところがあるようですね。

また同レースに複数の乗り馬が集まった際は関わりのある後輩騎手に馬を回すなど、仲間内で有力馬を回し合っていたことから良い印象を持たれていない場合もあります。

そのおかげで育った後輩もいるため、必ずしも全員から嫌われていると言うことではありません

現在はJRAの裁定委員会の外部委員として活動もしていますが、基本的に裁定委員は騎手に制裁を与えるもので、その点では嫌われ者の位置に立っていると言えます。

元ジョッキーですが騎手側の立場だけで処分を決めるわけにはいかないですし、騎手をかばう立場たてないのも複雑な心境なのでしょう。

スポンサーリンク

岡部幸雄が他の騎手を殴るって?

岡部幸雄さんは自分だけではなく周りにも厳しい面があり、あるレース中に相手を殴って問題となったことがありました。

1984年の平場レースで杉浦宏昭騎手を殴る事象があり、レース後に騎乗停止となっています。

この時の原因は杉浦宏昭騎手が馬を外に持ち出した際、岡部騎手の進路を妨害したことが原因だったようですが、殴るのは行き過ぎですね。

このときはまだ若かったですし、頭に血が上ってしまったのでしょうね。

このような事件は1度きりで、問題発覚後は頭を丸刈りにして謝罪しています。

岡部幸雄は現在どうしてる?

2005年3月10日、騎手免許を返上して騎手を引退した岡部幸雄さん。

引退後の2006年10月から、「JRAアドバイザー」として裁決委員や審判業務を行う決勝審判委員に対しての意見や助言、若手騎手に対する技術指導をおこなうアドバイザーを務めています。

そのかたわらでフリーランスの競馬評論家としても活動しています。

騎手の中には引退後に調教師となる者も多数いるが、岡部は人間関係が重んじられる調教師は「自分の肌に合う職業ではない」として転身しなかった。

2007年4月22日に開催した元騎手によるエキシビジョンレース、「第1回ジョッキーマスターズ」に出場(結果は9頭中5着)。

翌2008年11月9日に行われた「第2回ジョッキーマスターズ」にも出場した(結果は8頭中3着)。

2009年6月20日には日本中央競馬会裁定委員会委員に就任しています。

2013年には筑波大学の非常勤講師に就任し、講義をおこないました。

また引退後は、フジネットワークの競馬中継(西日本の『競馬BEAT』(かつては『DREAM競馬』)、東日本の『みんなのKEIBA』(かつては『みんなのケイバ』)に、主にGIレースのある週にゲスト解説者として度々出演しているほか、NHK BS1「世界の競馬」でも「マスターズ・アイ」と題して、レースの分析を行うコーナーを担当している。

引退後も積極的に競馬とかかわっているのですね!

岡部幸雄と岡部玲子との関係は?

タレントとして活躍している岡部玲子さんは、岡部幸雄さんと遠縁の親戚にあたります。

このことから競馬関連の仕事も多く、グリーンチャンネル「中央競馬中継」や、福島テレビ「エキサイティング競馬」にも出演しています。

当時は競馬のことをほとんど知りませんでしたし、お話しも競馬とは関係ないものでした。

ただそのときに、岡部幸雄騎手と遠い親戚らしいというお話しをしたんですね。

岡部幸雄さんという方がどれほどすごい方なのかをまったく知らず、親戚から聞いていたことを「そうらしいですよ」とぽろっと言っただけだったのですけれど。

まさかの親子説まで浮上する事態にまで発展していたようですね(笑)

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする