宮川大輔の息子の名前や画像。感染症や病気の噂について。

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」では“お祭り男”として、世界のお祭りに挑戦していた宮川大輔さん。

「ヤラセ騒動」で“お祭り男”としては出演の機会がなくなってしまいましたが、「崖っぷちホテル!」などドラマにも活躍しています。

そんな宮川大輔さんの息子さんについて調べて見ました。

宮川大輔の息子の名前は?画像あり?

宮川大輔さんには健太くんという息子がいます。

1997年、25歳で結婚した宮川大輔さん。奥様は大阪府出身の同い年の方ですが、結婚13年目に待望の息子さんが生まれています。

待望の第一子の名前は健太(けんた)くん。

第一子が誕生したことについて、インタビューで宮川大輔さんは、

31歳くらいまでは食べていける状況でもなかったので、そういうことを具体的に考えることもなかったんですよね。

スポンサーリンク

40歳に差しかかる直前に意識し始めて、「二人で過ごす生活と、子どもがいる生活ってどう変わるんだろうね」という話をしたり、仕事も順調になってきていたので、頑張ってみようかって話になったんです。

結婚式もした後だったので、そういうタイミングだったんでしょうね。

13年目に子どもが生まれたのには、仕事や生活に必要な稼ぎという面もあったそうですが、出産までも大変だったようです。

実は、うちの嫁は妊娠8ヵ月の時に破水をしてしまって、産まれるまでずっと入院していたんです。

8ヵ月の定期検診に一緒に行って、「順調です」って言われて帰った夜に破水して、病院に行ったら即入院になったんです。

病院に着いて診てもらったら、「このまま出産になるかもしれません」ってお医者さんに言われて、その時期はまだお腹の中の赤ちゃんが2000gない状態だったので、今この状況で産まれた場合のリスクや障害の話なんかをされてね。

お陰様で、息子はお腹の中で2000g超えてから産まれてきてくれたんですけど、僕はそれまで五体満足ということが当たり前だと思っていたんですけど、当たり前じゃなくて奇跡なんだなと思いました。

宮川大輔さんは破水がなにかということも最初は理解しておらず、この言葉のように五体満足に生まれてきてくれたことをとても感謝しています。

2010年10月に生まれた健太くんも現在は9歳。

運動会の綱引きに父親として参加したことをインスタにあげています。

「#運動会 #ええ天気になった #僕も参加した #久しぶりの綱引き #負けたぁ。笑。 #お煎餅食い競争 #楽しかったぁー! #子供達の成長をみれて良かった。 #休みで良かった! #みんなありがとうなぁ。 #皆さまお疲れ様でした! #これからも頑張ります!」

お祭り男として体力もまだまだありそうですから、これから息子さんのためにも一緒に遊んだり、運動したりという日々が続くのかもしれません。

嫁とのなれそめは?

1997年、25歳のときに真木子さんと結婚していますが、インタビューで結婚についても宮川大輔さんは話しています。

僕、結婚してるイメージがあんまりないみたいですね(笑)

嫁とは25歳の時に結婚しているんです。

スポンサーリンク

結婚が早かったのもありますし、その頃はまだテレビに出ていなかったので、そうした話をする機会もなかったんです。

嫁とは、最初は普通に友達だったんです。

ある時、東京から大阪に帰る新幹線の中でたまたま会って、「大阪着いたら、買い物付き合ってくれへん?」って誘ったんです。

その日から、なんとなくよく一緒にいるようになったのがきっかけですね。

見た目が外国人のように見えると噂ですが、奥様の真木子さんは大阪府出身で、大阪でも八尾市の出身ではないかという噂です。

結婚については、

二人で旅行に行ったんですよ。

で、帰って来て、旅行中に撮ったビデオを見てたら、すごく楽しそうな自分が写ってて、心がパッと明るくなったんです。

「この子といる自分はこんな楽しそうにしてるんやなぁ。この子がずっと隣にいてくれたらええなぁ」って。

そこからですね。『結婚』ということを意識しだしたのは。

と結婚前に二人で旅行に行ったことが結婚への確信となったようです。

プロポーズのことばについて聞かれると、

プロポーズは、特別なことはしていないですね。
「東京で一緒に暮らすなら結婚したいと思ってるんやけど。

お父さんにも同棲はあかんて言われたし、俺もそう思ったから結婚してくれへんか」みたいなことを言ったんじゃないかなと思います。

ということですが、宮川大輔さんは奥様や家族について語るのがとても照れ臭いそうです。

ただ奥様には苦労をかけたので、とても感謝しているようです。

「すべらない話」からテレビにだいぶ出させてもらえるようになりましたが、「すべらない話」の収録に行く前って、「一発かましてやろう!」「何かやってやろう!」という気持ちになるんですよ。

ギラギラ、ソワソワしてしまうというかね。

ものすごく緊張するし、寝れないし、ずーっと家の中で練習してるんです。

それを見てて、嫁も「緊張してるんだろうな」って感じたみたいで、「行ってくるわ」って玄関を出ようとしたら、嫁が後ろから「フレー!フレー!大ちゃん!」ってパンツ一枚、上半身裸でエール送ってくれたんですよ。

それ見たら緊張がほぐれて、「よっしゃ!やったろう!」って収録に向かえたりするんです。

そういう話はいっぱいあります。

嫁はサプライズ的なことをよくしてくれるんですよね。

芸人さんの奥様はとても大変だと思いますが、奥様はこういう明るい性格で、励ましてもらっているので、今の宮川大輔さんの成功があるのかもしれません。

宮川大輔に病気や感染症の噂が?

過去のニュースをみてみると

宮川大助、体調不良で入院…感染症か

とか、

宮川大助、腰の感染症で再手術受けていた。

夫婦コンビで3カ月ぶり仕事復帰。

とありますが、こちらは夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子の宮川大助さんが2017年に「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」で手術を受け、休養されていたようです。

宮川大助さんは何度か感染症を患ったそうですが、2017年に紫綬褒章を受章し、豊明殿での伝達式で、天皇陛下からのお言葉を受けられるほど、回復されています。

宮川大輔さんの息子さん、嫁の真木子さんについて紹介しました。

「イッテQ!」では、騒ぎに巻き込まれてしまい、反対に株が上がっていますが、一方で、

「楽屋で綾部を下半身用のアンダーウエア一枚の姿にして、両手でアンダーウエアを引っ張り上げて綾部を持ち上げ、上下左右にブンブン振り回して綾部を半泣きさせたことがありました。

せめてカメラがあるところでならわかりますが、何もないところでですから意味がわからない。」

という短気な反面もあるようです。

「イッテQ!」の今後の役回りもどうなるか気になりますが、ドラマの方でも出演していますので、テレビ界ではまだまだ活躍しそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする