三浦大輔の息子は平学学園で野球をやってる?始球式に登場した?

元プロ野球選手(投手)として活躍し、2019年度からは横浜DeNAにコーチになることも決まった三浦大輔さんの息子は平学学園で野球をやってるようです。

今回は三浦大輔さんの息子さんに注目して記事を作成しました。

三浦大輔の息子は野球をやってるの?

三浦大輔さんは、高校時代の先輩の一般人の女性と結婚し、長女と長男をもうけています。

ちなみに娘さんのお顔は公開されていませんが、写真が見つかりました。

顔は出ていないのですが、「三浦大輔さんの娘は美人」などと噂されています。

本題である三浦大輔さんの息子さんについて調べたところ、息子さんも野球で活躍をしており、注目がされているので名前なども公開されていました。

三浦大輔さんの息子さんの名前は三浦澪央斗(れおと)です。

スポンサーリンク

三浦澪央斗くんの写真はこちらです。

顔はそこまで三浦大輔さんに似ているというわけではなさそうですね。

しかし、投球フォームは父親にそっくりだと言われています。

三浦澪央斗くんの投球フォームはネットを検索すると動画もありますので、動画を見たから人も「めっちゃ似てる」や「遠くから見るとそっくり」などのコメントが投稿されていました。

三浦澪央斗くんは父親の三浦大輔さんと同じようにプロ野球選手を目指しているのは間違いないでしょう。

父と同じエースになる!

180センチの大型右腕で、肘の柔らかさやテークバックは父そっくりだ。

三浦氏は「息子は息子、自分は自分だが、同じ野球で戦う者同士、頑張ってほしい」とエールを送った。

父親である三浦大輔さんからは息子さんのことを、1人の選手としてコメントをされていました。

かなり期待ができそうですね。

三浦大輔の息子は平学学園在学?

中学時代は青葉緑東リトルシニアに所属し、高校は平塚学園です。

平塚学園が横浜隼人と練習試合を行い、横浜DeNAの投手コーチに就任する三浦大輔氏の長男・三浦澪央斗投手が9回1失点完投勝利を挙げた。

球速は130キロだが、父も高校時代は130キロ台の球速で、回転の良い球と制球力で注目され、プロ入り後に球速も伸ばしている。

この日は7つの四球を与え、そこは父譲りとはいかなかったが、それでも1失点に抑える粘りは父譲り、9回の最後のバッターには「最後の球がいちばんよかったかな」と話す渾身のストレートで見逃し三振を奪い、スタミナも父譲りだった。

スポンサーリンク

このオフはフォークボールの習得を目指す他、「球速がまだ130キロと遅いので、140キロが出るようにこの冬はしっかりトレーニングしたい」と話した。

トレーニングで140キロ台に乗ってくれば、体もある投手だけにドラフト候補としても名前が挙がってくる。

今は高校生でも140キロや150キロを投げる投手もいるので、140キロを出せるように頑張って欲しいですね。

三浦大輔の引退試合の始球式に息子が登場?

2016年9月29日に三浦澪央斗くんは三浦大輔さんの引退試合で始球式をされました。

中学生のときに始球式をし、その記事にも父親と投球フォームが似ていると書かれていました。

中3時には父の現役最終登板試合で始球式を務めた。

父とそっくりのフォームから、最速は130キロ台ながらスピンのきいた直球で詰まらせた。

走者を背負っても粘りの投球で「気合いが入りすぎて力んでしまった」と苦笑い。

この始球式は検索すると動画も出てきますので、見てみてください。

三浦大輔の息子の進学先について

現在、高校生の三浦澪央斗くんは高校卒業後は進学するのでしょうか。

今は140キロが出るようにトレーニングをしているそうです。

とは言えスピンの効いた球を投げられる澪央斗くんはエースとして期待されているようです。

やはり気になるのは将来的にプロに行くかどうかだと思います。

三浦大輔投手の長男と言う事で注目をされる事も多いと思いますが、今後は課題である速球140キロをクリアしてプロの世界を目指して欲しいと思います。

まだハッキリした情報はありませんが、上の方でも書きましたとおり、プロになるために140キロを投げられるようになるという課題があるみたいですね。

ただ、三浦澪央斗くんはスピンのきいた球が投げられるとも書かれています。

ストレートは球速よりもスピンが大事という意見もあり、ストレートの回転数が多いと、初速と終速の差がほとんどなく、バッターからボールが浮き上がってくるように見え、回転数の多いストレートは、実際の球速よりも速く感じます。

野球強豪校の多い横浜市には、甲子園常連校もあり横浜DeNAベイスターズジュニア出身の選手も多くいます。

選手層も厚い中で目立つ活躍をするのは大変な事だと思いますが、とても努力家という澪央斗くん。

プロ野球選手への道は大変厳しいと思いますが、三浦大輔さんの投球フォームもしっかり受け継いでいる三浦澪央斗さんは今後も注目される投手となりそうですね。

また、とても努力家であるとも書かれているので、その努力が実ってほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする