松永博史に息子がいるの?学歴は?赤い霊柩車シリーズに出演。

1989年にデビューしてから、数多くの作品に出演してきた松永博史。

ドラマだけでなく、映画や舞台など様々なステージで活躍しています。

そんな松永博史ですが、結婚しているようですね。

子供はいるのか、また、息子なのか気になります。

そして、出演してきた作品も気になりますね。

そこで今回は、松永博史の子供や学歴、出演作品について調べてみました。

松永博史には息子がいるの?

松永博史は結婚しているのか調べると、時期まではわかりませんでしたが結婚していました。

では、子供はいるのでしょうか。

松永博史さんには子供が2人いて、1人は松永遼介さんといいます。

スポンサーリンク

子供は2人いるようです。

「松永遼介」という名前らしいことから、少なくとも一人は息子ということになります。

そして、もう一人もどうやら男の子らしいです。

松永博史には息子がいたんですね。

しかし、「松永遼介」に関しては、どうして名前までわかっているのか疑問ですよね。

この息子ですが、甲子園に出場するなど、熱心な野球青年でした!

それで名前もわかっていたんですね。

関東第一高校に在籍していた時に、甲子園に出場したようですよ。

松永博史も応援に駆け付けたんだそう。

その時の写真もありました。

さすがに父親の顔をしていますね。

息子の晴れ舞台を見て感動したことでしょう。

こんな風に語っています。

関東第一の内野手、松永遼介内野手の父、松永博史は、三塁側アルプス席から精一杯の声援を送った。

8回の守りで息子の遼介内野手が三塁手で登場。

サードゴロを難なくこなす場面では、拍手を送った。

試合後はうっすらと涙をうかべながら「パワーをもらいました。必死に稽古しないと、こういう舞台にはたてない。

サポートも含めてベンチ外のメンバーのためにも、頑張りたいと言っていた。
人生も稽古の連続。私も刺激をうけました」と話した。

息子の頑張る姿に感動して奮起する父親。

いい関係ですね。

そしてこの息子ですが、驚くことがもう一つありました!

現在プロ野球選手として活躍しているオコエ瑠偉と、同じチームだったんです!

しかもオコエ瑠偉とは深い関係だったようで・・・

松永は今大会中、チームの中心選手であるオコエ瑠偉の緊張をほぐす役としても貢献した。

初戦の試合前には“あっち向いてホイ”をしてリラックスさせた。

この日も、「ケツを叩いておきました」ときっちり役割を果たした。

あのオコエ瑠偉の緊張をほぐす役目を担っていたといいますから驚きですね。

あっち向いてホイというのがまたかわいいですが、意外なエピソードでしたね。

スポンサーリンク

親思いの息子でもあるようですよ。

試合後は「父は忙しい中で、撮影の合間を縫ってよく試合を見に来てくれて、ケガしたときには電話で励ましてくれた。

母はサプリメントや手紙を送ってくれた。本当に感謝しています」と、目を真っ赤にした。

松永博史も、こんな息子をもって誇らしいでしょうね。

しかし、高校球児ってみんな素直で爽やかでいい青年のイメージがありますよね~。

松永博史の息子も、そのまんまな感じがします。

ちなみに過去に、こんな発言もしています。

俺はもうベタですが、やっぱり子供ですね。

二人いるんですが、二人とも男で今、中3と小4なんですが、普段は二人とも母親に付いてるんですよ。

中3と小4ということは、この時の息子たちの年齢は15歳と10歳くらいでしょうか。

5歳の年齢差がある兄弟だということになりますね。

松永博史の学歴

松永博史と「学歴」を調べている人がいたようなので探してみましたが、松永博史の学歴については特にどこにも記載されていません。

先ほど書いた、息子の「松永遼介」の学歴を調べている人がいたようですね。

息子ですが、高校を卒業した後は東海大学北海道キャンパスに進学したようですよ。

もちろん、野球を続けていました。

大学でも野球を続けており、2017年の全日本大学野球選手権ではベスト4に輝くなど活躍しています。

将来は、プロになって、両親に恩返ししたいと誓っています。

成績を残しているうえに、プロ入りも見据えているんですね。

何年か後に、松永博史の息子がプロ野球入り、なんてニュースが見られるといいですね。

松永博史は赤い霊柩車シリーズに出演?

たくさんの作品に出演している松永博史ですが、赤い霊柩車シリーズに出ているというのは本当でしょうか?

まずは、赤い霊柩車シリーズとは、なんでしょうか。

『赤い霊柩車シリーズ』(あかいれいきゅうしゃシリーズ)は、1992年からフジテレビ系で放送されている大映テレビ・フジテレビ製作の2時間ドラマシリーズである。主演は片平なぎさ。

片平なぎさが主演している、かなり長く続いているシリーズですね~。

推理作家・山村美紗の作品「葬儀屋社長 石原明子シリーズ」を原作とする。

1992年、「金曜ドラマシアター」枠で放送開始。

放送開始から20年以上たっても新作が製作されており、2012年までの29作の平均視聴率が17.0%という人気シリーズである。

人気とはいえ、これだけ長く続いているのも凄いことです。

この赤い霊柩車シリーズに、松永博史は橋口刑事役で出演しています。

長く続くシリーズに、この先も欠かせない存在になるかもしれませんね。

以上、松永博史についてでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする