井川比佐志に息子がいるの?現在や家族構成について。認知症なの?

今回紹介させていただく人は、俳優として活躍されています井川 比佐志(いがわ ひさし)です。

1936年11月17日生まれ81歳です。

そんな井川比佐氏さんには息子さんがいるのか?

気になる家族構成

井川比佐氏さんの現在はどうしているのか?

認知症の噂は真実なのか?

など井川比佐氏さんの気になる事をまとめてみました。

井川比佐氏には息子がいるの?

井川久さんは結婚はされていました。

スポンサーリンク

息子さんがいるのかなって気になってしまいました。

息子さんは井川大輔さんというようですが、画像はおろかほとんど情報はありませんでした。

井川比佐氏さんに息子さんがいるという情報だけで詳しい事はわかりませんでした。

息子さんや娘さんが芸能関係に進んでいないと、プライベートの情報を公開されない人も多いように思います。

家族が芸能関係なら色々と情報があったかもしれませんね。

井川比佐氏の家族構成について

井川比佐氏さんの家族構成も気になります。

先ほど少し書かせていただいたのですが、息子さんがいることが分かります。

息子・井川大輔さんです。

残念なのですが、他の家族の情報はありませんでした。

井川比佐氏と倍賞千恵子って?

ネット上で井川比佐氏さんと検索すると倍賞千恵子さんの名前が上がってきます。

何故なのか気になりましたので調べてみました。

山田洋次監督の映画で倍賞千恵子さんとは何度が共演していることで倍賞千恵子さんの名前が出てくるということでした。

井川比佐志さんが倍賞千恵子さんと共演した作品は映画『家族』で夫婦役で共演し、映画『故郷』でも夫婦役として共演していました。

夫婦役での共演が多かったことから倍賞千恵子さんとの関係性が気になる方が多かったようですね!

映画やドラマで夫婦役や恋人役として共演されると噂になる事って多いですよね。

それほど、演技が上手という事かもしれませんね。

井川比佐氏の現在について

井川比佐氏さんが現在はどうしているのか気になりますね。

テレビドラマで最近はあまり見かけなくなっているように感じます。

2020年に公開される映画に出演されます。

2020年に公開される映画に出演が決まっているんですね、

『峠 最後のサムライ』という映画です。

スポンサーリンク

原作は司馬遼太郎先生・監督は小泉堯史監督です。

井川比佐氏さんは月泉和尚という役。

どんな映画なのか気になってしまいました。

幕末の動乱期を描いた司馬遼太郎の長編時代小説「峠」を、「雨あがる」「蜩ノ記」の小泉堯史監督のメガホン、役所広司、松たか子、田中泯、香川京子、佐々木蔵之介、仲代達矢ら日本映画界を代表する豪華キャストの共演で映画化。

徳川慶喜の大政奉還によって、260年余りにも及んだ江戸時代が終焉を迎えた。

そんな動乱の時代に、越後長岡藩牧野家家臣・河井継之助は幕府側、官軍側のどちらにも属することなく、越後長岡藩の中立と独立を目指していた。

藩の運命をかけた継之助の壮大な信念が、幕末の混沌とした日本を変えようとしていた。

「蜩ノ記」に続いて小泉監督作に主演する役所が主人公となる継之助に扮し、継之助を支え続ける妻おすがを松が演じる。

出演者が豪華ですよね。

井川比佐氏さんは主演ではありませんが、大物俳優さんなので少しの役でもすごい演技を見せてくれるのでしょうね。

2020年が楽しみですね。

井川比佐氏に認知症の噂が?

井川比佐氏さんが認知症なのではないかという噂があるようです。

井川比佐志さんが認知症との噂もあるようですが、おそらく映画作品の内容が原因で、「認知症」と紐づいてしまっているのだと思います

ドラマや映画の役柄のイメージって強いですよね。

悪役などしてしまうとそのイメージついてしまいます・・・。

映画作品は、「半落ち」(はんおち)です。

「半落ち」は横山秀夫さんの小説で、映画化、ドラマ化もされています。

半落ちってどんな映画だったのでしょうね。

映画・ドラマ化もされている作品という事は良い作品だったという事ですね。

2004年製作の『半落ち』は、妻の啓子(原田美枝子)を殺害してしまった元警察官の梶聡一郎(寺尾聰)の謎を巡るストーリーです。

この映画では、アルツハイマー型認知症になった啓子が殺してほしいと懇願、聡一郎が「壊れ切ってしまう前に、啓子が啓子であるうちに死なせてやりたかった」と考えて啓子を殺してしまう筋書きで、かなり重い内容です。

しかし、映画の後半では若手裁判官の藤林圭吾(吉岡秀隆)が梶を裁くべきか悩む際、彼と彼の家族が直面している認知症ケアの経験が判断に影響する設定になっています。

具体的には、同じく裁判官だった父、圭一(井川比佐志)はアルツハイマー型認知症になったことで、圭吾の妻、澄子(奥貫薫)が家族介護で苦労しており、圭吾は梶を裁くべきか否か悩んでいるのです。

この映画を見ると、罪を犯した側も、それを裁く側も認知症ケアの苦労を共有している点で、「認知症は特別なことではない」という思いを持つに至ります。

井川比佐氏さんがアルツハイマー型認知症の役を演じられた人でネット上ではその事で本当に認知症だと噂が流れたてしまったのでしょうね。

井川比佐氏さんが認知症だとすると、2020年に映画の出演が決まることは無いと思います。

現在も元気で俳優活動をされている井川比佐氏さんという事ですね。

これからも俳優として活躍していってもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする