ケーシー高峰に息子がいるの?現在や死亡の噂について。

今回はケーシー高峰さんについてまとめていきたいと思います。

ケーシー高峰には息子がいるの?

まずはケーシーさんのプロフィールについて簡単にご紹介します。

ケーシー 高峰は、日本のタレント

本名、門脇 貞男(かどわき さだお)。

白衣姿で黒板やホワイトボードを用いる医事漫談の創始者にして、第一人者。

愛称は「ドクター」

医事漫談を行うということですが、医事漫談とはどのようなものでしょうか。

厚切りジェイソンの元祖?

スポンサーリンク

厚切りジェイソンさんの芸風は、ホワイトボードやスケッチブックを使用して、文字と言葉で笑わせる物です。

ケーシーさんの芸風は、その芸風から医療のネタを使用するものです。そのため、医事漫談と称されるのですね。

つまり、「ドクター」というあだ名がついていますが、お医者さんではなく、芸人さんということですね!

母方は先祖代々医師の家系であり、母・シヅエは生涯現役で診察を務めた産婦人科医であった。

また、父は海外出張の多い商社マンで、レコードの収集家だった。

兄弟をはじめ、一族の多くが医師・歯科医師であるという

家族の方たちはお医者さんが多いということから、ご本人も医学部に進んだそうですが…

その後転部したため、医者免許はもっていないそうです。

また、芸人さんながらドラマにも出演されています。

1970年代末以降、ピンク映画でヤブ医者役(必ず性病科か産婦人科)を演じるなど、コミックリリーフ担当の俳優として多くの作品に出演する。

渋い脇役のこなせる性格俳優としても開眼し、『夢千代日記』(1981年、NHK)でのシリアスな演技が高く評価されたほか、『木更津キャッツアイ』(2002年、TBS)ではオカマのヤクザという極めて難しい役柄を演じてみせた。

医者をネタにしているので、映画で医者役を演じるなんてなんだかおもしろいですね。

「木更津キャッツアイ」ではオカマも演じたこともあり、コメディ要素が強い役・作品に多く出演されているみたいです。

逆にNHKにも出演されている為、幅の広い演技ができる方だということもわかります。

そんなケーシーさんですが、息子さんはいらっしゃるのでしょうか。

漫談家のケーシー高峰(83)が2日深夜テレビ東京系「チマタの噺」(火曜・深夜0時12分)に出演し自身の息子の名前に「アミーゴ」と付けたことを明かした。

なんと、ケーシーさんの息子さんは「アミーゴ」というらしいのです!

いわゆるキラキラネームでしょうか。

ちなみに息子さんの名前は、「愛美吾」と書いて「アミーゴ!」

漢字も独特で、このような字を書くそうです。

学校ではさぞかし目立ったでしょうね。

こちらの名づけは、ご自身のネタからとっています。

スポンサーリンク

「セニョリータ」、「グラッチェ」など怪しげなラテン系単語を使用し、「大正テレビ寄席」という番組でのセミレギュラー出演を通して人々の間で大人気となりました。

セニョリータやグラッチェと名づけられるよりはまだよかったのでしょうか。

また、「愛美吾」さんのことを「上の子」と話されているので、下にご兄弟がいるのかもしれません。

その点は詳しく語られていないようですね。

ケーシー高峰は現在どうしてる?

さて、ケーシーさんは現在どうしているのでしょうか。

2005年に白板症(舌癌)に罹患してしまったそうなんですが、なんと完治させます。

少し前ですが、2005年には病気を患ましたが、完治しているようですね。

最近はお年の為、中々多く出演されることはありませんが…

現在も元気で活躍なさっているようです。

国民的な知名度の高い番組「笑点」の2015年、歌丸さんが復帰された際に、ケーシー高峰さんも出演されました。

もう、80代であるケーシーさんですが、ED(勃起不全)をテーマにした、バリバリの下ネタをやってのけました。

その清清しい活躍ぶりに感嘆の声があがったのは、もちろんのことですが、そのあとに小林製薬の膀胱薬のCMが流れたことでさらなる笑いとなりました。

この流れやケーシー高峰さんの勇姿には、多くの人が魅せられたようです。

2015年には笑点に出演されていました!

お得意の時事ネタと下ネタの調子は上々のようでした。

お年になっても元気な姿は、同年代の方からすると勇気が湧くことでしょう。

ケーシー高峰に現在死亡の噂が?

元気そうな姿が見れるケーシーさんですが、死亡の噂が流れているようです。

先ほど、現在の姿をご紹介したため、ケーシーさんは現役で芸人をされていることが分かりましたが…

なぜそんな噂が流れたのでしょうか。

落語家の三遊亭円歌さん(享年88)が23日に都内の病院で亡くなってから一夜明けた24日、多くの関係者が追悼した。

共演予定で盟友だったケーシー高峰は「朝のニュースで(訃報を)知った。

突然のことで驚いた」と落胆した。

ここ数年、円歌さんと「医者と坊主」と銘打ったジョイント公演を続けてきた。

公演のたびに毒舌のケーシーが「これが最後」と高齢を理由に自虐的に言うのが定番。

「冗談で最後、最後と言ってきたけど、本当にできなくなると思うとさみしい」としみじみ語った。

先日、同年代の落語家・三遊亭円歌さんが亡くなりました。

盟友であり、可愛がってもらっていたようで、ケーシーさんは悲しみのコメントをしています。

こちらを、ケーシーさんのことと勘違いされている方がいるのかもしれません。

ケーシーさんは、死亡の噂がありましたが…

現在もお元気で、芸人をされています。

くすっと笑える下ネタを、生涯現役で続けて欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする