秋川雅史の息子はピアノをやってるの?家族構成や現在について。

今回紹介させていただく人は、『千の風になって』を歌われている秋川雅史さんです。

1967年生まれ現在は51歳です。

秋川雅史さんは小さい時からピアノ・ヴァイオリンを習われていました。

秋川雅史さんの息子さんもピアノをやっていたのか?

家族構成・現在は秋川雅史さんはどうしているのか?

などを、まとめてみました。

秋川雅史の息子はピアノをやっているの?

秋川雅史さんは4歳の頃からピアノを習われていたようですが、息子さんも習っていたのかなって気になります。

あまり子供さんの情報はありませんでした。

スポンサーリンク

男の子と女の子が居るという事しかわかりませんでした。

男の子と女の子の2人の子供が生まれていてすでに慶應義塾幼稚舎を経て小学生になっているといいます。

プライベート気さくに明かしている芸能人の人もおられますが、秋元雅史さんは家族の情報をあまり明かされていないようですね。

秋川雅史の家族構成について

秋川雅史さんの家族構成について調べてみました。

秋川雅史さんがまだ独身だと思っている人も多いように思われすが。

秋川雅史の奥さんは、音楽業界で働く一般女性です。

関係者の話では、夫婦は共に美男美女で、”誰もが羨む理想の夫婦”として有名なのだとか。

秋川雅史夫妻には、上に男の子、下に女の子と、2人の子供も生まれており、すでに慶應義塾幼稚舎を経て小学生になっているといいます。

奥さんも音楽関係で働く人なんですね。

次のような画像がありました。

お子さんと仲良く映っている画像ですね。

普段テレビで、歌われている時の顔とは違う感じですね。

父親の顔になっている秋川穂雅史さんも素敵ですね。

秋川雅史さんの父親もテノール歌手だったんです。

秋川暢宏さんです。

2歳年上のお兄さんもいるようです。

秋川雅史さんは現在はどうしてる?

秋川雅史さんが最近はどうしているのかなって気になりました。

2018年の7月28日にNHK大阪ホールで『秋川雅史コンサート ザ・ベスト』が開かれます。

実はNHK大阪ホールで開かれるコンサートは毎年恒例となっているんです。

過去10年かけて10種類ぐらいの多彩なコンサートをしてきました。

コンサートに力を入れているようですね。

テノールのきいたかっこいいコンサートなんでしょうね。

10年間やってきた中で一番お客さんに評判が良かった曲を集めてアルバムのベスト盤みたいなコンサートにするようです。

どんな歌を歌っているのか気になります。

今回でのライブは『Be My Love』、『空に星があるように』、『恋人よ』、『悲しき天使』、『千の風になって』のほかにも松山千春さんの『大空と大地の中で』、カンツォーネ『君に告げてよ』、美空ひばりさんの『ひばりの佐渡情話』などを歌う予定となっています。

スポンサーリンク

秋川雅史さんは幅広い曲を歌われるようですね。

演歌まで歌われるんですね。

あの歌声で演歌をどのような感じで歌われるのか聴いてみたいです。

今回のコンサートではピアノ一台だけとなっていてピアノ一台が一番盛り上げられるとのことのようです。

ピアノ1台でコンサートをやられるのは凄いですね。

秋川雅史は祭り好き?

秋川雅史さんがお仕事より祭りがタイ好きだという噂を耳にしました。

実際のところはどうなんでしょうね。

7月13日放送の『徹子の部屋』に出演した時に次のようなコメントをされていました。

大のお祭り好きだという秋川は、番組で「愛媛県の西条市で生まれ育ちまして。

そこで大きなだんじり祭りがある。

物心ついたときからその祭りに参加しているので、祭りの太鼓が聞こえてくると血が騒ぐ」と発言する。

秋元雅史さんの雰囲気からは祭りって浮かばないですね。

和というより洋のイメージになリますね。

太鼓の音が聞こえてくるだけで血が騒ぐ人ってあまりいないですよねw

それほど好きってことですね。

(700キロあるだんじりを)担ぐんです。

2日間終わると肩とかがあざになっていたりする。

これまで50年間、1回も欠かしたことがない。

生まれてすぐから、祭りを親に抱っこされて見に行って。

参加できるようになったら、太鼓を叩いたり。大人になってからは担いで。

それこそイタリアに4年間留学したんですけども、祭りのたびに帰国してましたから。

いまも毎年その時期は仕事を入れないようにして、必ず帰ってだんじりを担いでいます」

留学中にまで、だんじりを担ぐためにイタリアから帰ってきてたんですね。

本当にお仕事より祭り・だんじりが大好きなんですね。

祭りが好きだからとは関係ないかもしれませんが…

コンサートでは北島三郎の代表曲「まつり」を披露することも。

北島三郎さんが歌う曲って、実は私たち声楽家に歌いやすいメロディーが多いんです。

究極の夢ですけど、イタリアのミラノ・スカラ座オペラハウスで、この歌(『まつり』)をオーケストラをバックに歌えたら、もう本望ですね。

祭り好きなので、まつりという歌が好きだという可能性もあるかもしれないですね。

イタリアのミラノ・スカラ座オペラハウスで、秋川雅史さんが歌う日がくればいいですね。

これからも素敵な歌声で色々な歌を歌い続けてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする