上杉祥三には息子がいるの?ラグビードラマや陸王に出演!

本日は俳優の上杉祥三には息子がいるのか?そして、ラグビードラマや陸王など出演されていた活動内容について調べてみました。

上杉祥三さんのプロフィール

上杉祥三(うえすぎ しょうぞう)
誕生日:1955年12月14日
星座:いて座
出身地:兵庫県
血液型:B

引用:上杉祥三 – Wikipedia

俳優、劇作家、演出家として活動

上杉祥三さんは俳優のお仕事をされており、小説家や脚本家としても活動をされています。

野田秀樹率いる劇団「夢の遊眠社」に入団し、当時1300円のチケットだった遊眠社を日本で有数のトップ劇団へと成長させる。

劇団の看板俳優として活躍。

スポンサーリンク

引用:上杉祥三 – Wikipedia

1988年には上杉祥三プロデュースチーム結成。
在団中よりシェイクスピア作品に傾倒し、1991年よりグローブ座カンパニーの座長としてシェイクスピアレパートリー公演を開始。

若手随一のシェイクスピア俳優として注目される。

その後も舞台俳優として人気を博しつつ、映像でも活躍し、小説家、脚本家などもこなし、現在に至る。

引用:上杉祥三 – Wikipedia

若い頃からかなり注目をされていたようですね。

2014年には自身が脚本・演出を手掛けた「おかあちゃん コシノアヤコ物語」にも出演した。

引用:上杉祥三(うえすぎしょうぞう)のプロフィール・画像・出演スケジュール

役者さんはだんだん経験を積んでくると自ら脚本や演出を手がけるようになる人も多いですね。

この投稿をInstagramで見る

森公平さん(@mori_koheidesu)がシェアした投稿

トレランスは寛容、寛大といった意味があり、多種多様な才能と出会い自分だけの狭い考えにとらわれることなく広い視野で演劇活動をして行こうという集団なんだそうです。

心にしみる演劇を目指して活動中です。

年に1~2回、上杉・長野を中心に活躍中の俳優、またこれからの若手を集めて公演を行っています。

引用:長野里美に子供はいるの?旦那(夫)は誰?着ぐるみが好き?若い頃の画像を調査!!

幅広い分野で活躍されている方なのですね。

スポンサーリンク

上杉祥三には息子がいるの?

この投稿をInstagramで見る

☆j☆さん(@junchan_aloha)がシェアした投稿

子供について調べたところ娘さんが1人いるようです。

嫁の長野里美さんが今年の抱負という質問に、「子供がやっと手がかからなくなってきて、実生活からちょっと離れられるようになったので・・・」と回答されている。

また、嫁の長野里美さんのブログにはお子さんのことについて以下のように語っていました。

先日、「先に生まれただけの僕 8話」に出演し、高校2年生の母親役を演じました。

子どもの性は違えども、実は私も現役高2の母。

作品の中の息子の「プロ棋士になりたい」という決意が非現実的な気もし、それだからこそ羨ましいような、まぶしいような気にさせられました。

うちの娘は、ずっと親に話しながらいろいろな事を決めてきたので、私も、もうこの我が家のこのスタイルに慣れ、悪いこととも思えませんが、少し前までは「早く自分の意志を持ってもらいたい。

自立してもらいたい」とそればかり願っていました。

だから、「先に~」の息子のような高校生は、どう育てたらああなるんだろう、と、羨望の気持ちが湧いてしまったのも否めませんが、最近思うのは、人それぞれ。

持って生まれた性格も違えば、育ってきた環境も違う。

今芽が出る子もいれば、大器晩成の子もいるわけで、でも大切なのは、今迷っていても、しかるべき時が来たら、自分の「好き」を基準に物事を選び、それを追求していける精神力や体力が育っているかということじゃないかと、素直に思えるようになってきました。

引用:子どもが大人に変わる時

上杉祥三さんにはお子さんが一人いらっしゃるようですね。

詳細については公表されていない様ですが、お嬢様がいらっしゃる様です。

上杉祥三がラグビードラマに出演?

ラグビーチーム「大坂淀川ヤンチャーズ」に所属する中年ラガーマンらの青春群像ドラマを描く本作。

川端弘明(かわばた ひろあき)

ポジションはウィング。

還暦を超えているものの、血の気が多く、年齢を感じさせない思い切りの良いプレイが持ち味。

生粋の大阪下町育ちで、宴会では常に盛り上げ役だが、実は職業は医者である。

引用:おもな登場人物(キャスト) | 不惑のスクラム – NHK

出演者のひとり村田は、「だいたい同年代が集まってるので、非常に和気あいあいとしています。

撮影が終わって、松尾くんを筆頭に夜の町でかなり盛り上がって、すごくよいチームワークになっています」と明かす。

そんな松尾は、「克典さんと今回初めてご一緒させてもらうんですけど。

やっぱり主演ということで撮影の分量もすごく多いし、朝も早いんで今ひとつ飲み会への参加が足りないんじゃないかなと(笑)。

まぁこれから暑くなりますから、もうちょっと水分を入れるということもあるので、夜の方も参加してもらえたらなと思います」とさらなる誘いの言葉をかけた。

和気あいあいとした素晴らしい現場

そんななか、若手の高橋からは、「僕からヤンチャーズの先輩方にひと言、ロケバスがうるさいうるさい(笑)」と指摘。

「先輩方がこんなにうるさいロケバスって初めてなんですよ。

ずーっとなんかいろんなお店のことで・・・。

特に徳井(優)さんと(渡辺)いっけいさん、あと上杉(祥三)さん、あと松尾さん、村田さん・・・、全員うるさいです、本当に(笑)。

だから僕らは逆に黙ってるんで、楽です。

なんかすごく楽しい現場だなと思ってやっております」と仲の良い様子を話した。

写真の笑顔・・・素敵ですね。

みなさん本当に楽しい撮影現場だったことが伺えますね。

上杉祥三はドラマ「陸王」に出演していた?

上杉祥三さんは数多くのドラマに出演されています。

NHKのドラマにも多く出演されていて『大河ドラマ「龍馬伝」』『連続テレビ小説「カーネーション」』などの作品に出ています。

話題となっているドラマだと「下町ロケット」や、「陸王」に出演されていました。

このように、上杉祥三さんは幅広い活動を行い、活躍されているようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする