外波山文明には息子がいるの?新宿ゴールデン街で「クラクラ」を経営。

外波山文明には息子がいるのでしょうか?

新宿ゴールデン街で「クラクラ」を経営などについて調べてみました。

外波山文明には息子がいるの?

長野県木曽郡南木曽町生まれ。

身長162cm、体重62kg、血液型はAB型。

以前は「はみだし劇場」を主宰していたが、現在は「椿組」を主宰している。

なお、以前は演劇集団変身に所属していたが、現在はジェイ・クリップに業務提携として所属している。

また、東京都新宿区の新宿ゴールデン街にてバー「クラクラ」を経営している。

スポンサーリンク

このバーでは、のちに歌人となる俵万智を従業員として雇っていた。

また、コメディアンのたこ八郎が足繁く通い、ときにこのバーの手伝いとして働いていた。

そのほか、俳優の高田純次らが常連として通っていた。

引用:外波山文明 – Wikipedia

やはり「クラクラ」というバーは経営しているようですね。

そして、外波山文明さんには息子さんもいらっしゃいます。

出典:外波山流太(とばやまりゅうた)のプロフィール

外波山流太(とばやま りゅうた)

1989年8月生まれ。東京都出身。タレント・俳優として活動している。

趣味は映画鑑賞。特技は水泳。

主な出演作品として、映画『脇役物語』などがある。

【テレビ】相棒10 大切なことはすべて君が教えてくれた 天装戦隊ゴセイジャー 新・警視庁捜査一課9係2

【舞台】泥リア 贋作・幕末太陽傳 【映画】日本のいちばん長い日 永遠の0 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

今後、さまざまな分野での活躍が期待される。

引用:外波山流太はどんな人?Weblio辞書

父の外波山文明さんとは似ていないような気がしますね。

主な主演作品 映画「脇役物語」

●ストーリー●

高名な劇作家を父に持つ松崎ヒロシは万年脇役俳優で、共に暮らす父親から半人前扱いされ続けている。

そんなヒロシはウディ・アレン作品の日本版リメイクの主演に抜擢されるチャンスに恵まれるが、ふとしたことから大物議員・黒岩の妻との不倫を疑われて降ろされてしまう。

失意のヒロシの前に女優の卵であるアヤが現れ、2人は互いに惹かれあうようになる。

引用:脇役物語 – Wikipedia

俳優として数々の作品を残されており、趣味は水泳。

どこを調べても趣味特技は水泳というのが目立ちましたが、小さい頃から習っていたのでしょうか。

外波山文明は新宿ゴールデン街で「クラクラ」を経営!

外波山文明さんは、新宿区歌舞伎町で「クラクラ」というバーを経営しているそうです。

新宿・歌舞伎町の中にありながらも、戦後の雰囲気を残しつつ新しい街として、今尚活気を魅せている、ゴールデン街。

その入口に位置し、芝居屋・映画屋・マスコミ・学生・サラリーマンと、 雑多な人種が入り乱れて、夜毎酒酌み交わしている店・・・

階段で二階に昇ると入り口が現れ、ドアを開けば思ったよりも広い店内が顔を見せます。

入り口から右手に入ると、L字型のカウンター席とテーブル席、そして左手にもまたテーブル席があって、全部合わせると40人弱は収容できるほどの規模です。

これだけのキャパシティを持っているのは、新宿ゴールデン街でも珍しいと言えるでしょう。

引用:新宿ゴールデン街『クラクラ』 – 椿組

たくさんの芸能界の方が行き来しているお店のようですね。

「クラクラ」の歴史についてですが、

戦後のどさくさに紛れ建てられたゴールデン街。1960〜70年代にかけ、騒の時代へ。

そんな中「クラクラ日記」で知られる坂口安吾夫人のバーの名前を拝借し、新宿ゴールデン街「クラクラ」が生まれました。

引用:新宿ゴールデン街『クラクラ』 – 椿組

戦後のどさくさに紛れて建てられたゴールデン街?!

HPをみても異様な空気を感じさせる雰囲気が伝わってきました。

とはいっても、メニューは、居酒屋のような食べ物♪

家庭的な優しい味付けでおいしいらしいです。

外から内観を確認できないから不安だという声もありますが、お店に入ると定員さんが明るく、いつのまにか知らないお客さんと一体化になる雰囲気になり、とても楽しめるお店だそうです。

外波山文明さんは、「クラクラ」についてこのように語っています。

新宿ゴールデン街に「クラクラ」って酒場を開いてからも、そろそろ40年。

20代の頃からずっと新宿かいわいで飲んできたので、わが町の変わりようには驚かされるけど、愛着もまた深まるばかりでね。

ここ2、3年、ゴールデン街は外国人客であふれている。

うちも英語のメニューを用意してるけど、日本の飲み屋の「お通し」がわからないんだな。

いくらチャージの説明をしてもぴんとこなくて、帰っちゃう。

それでもいいとなれば、ウエルカムだ。

とっておきの日本酒を飲ませてあげたり、ついついサービスしたくなる。

でも古い酒場はやっぱり常連客を大事にしなくちゃ元も子もないからね。

引用:新宿ゴールデン街『クラクラ』 – 椿組

外国人のお客さんもたくさんくるんですね。

「お通し」はなかなか理解しがたいんでしょうか。

高田純次さんも常連客ということで、色々なお客さんと交流しながら楽しめるバーなんでしょうね。

運が良ければ外波山文明さんと会えるようで、たくさんの人が一緒に写真を撮っていました!!

いかがでしたか?

今回は、外波山文明さんについてまとめてみました。

色々なお客さんと楽しくお酒が飲みたい方♪

新宿ゴールデン街に行った際は、ぜひ「クラクラ」覗いてみるのもいいかもしれないですね♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする