タケカワユキヒデに息子がいるの?自宅はどこ?病気で声出てない?

歌手・作曲家・音楽プロデューサーなど多彩な音楽活動をされているタケカワユキヒデさん。

タケカワユキヒデさんと言えば、人気を博したグループ「ゴダイゴ」のメインボーカルで銀河鉄道999などの代表曲が有名ですよね。

そんなタケカワユキヒデさんには息子がいるのか、そして自宅についてや病気で声が出てないという噂もあるので調べていきましょう。

タケカワユキヒデには息子がいるの?

タケカワユキヒデさんには息子さんがいます

長男の息子さんの名前は暁さんです。

暁さんについては詳しい情報はあまり出てきていませんが、タケカワユキヒデさんと同じ音楽の世界にはいるようです。

しかも、

タケカワファミリーは、T’S COMPANY以外に、T’S FACTORY、そしてそのT’S COMPANYT’S FACTORYに長男の暁と妻の敦子を加えた、T’S FAMILY、また、ファミリーで構成するT’S BANDなど多種多様のユニットで参加することができる。

スポンサーリンク

タケカワユキヒデさんのファミリー全員でコンサートに参加しているなんて、生粋の音楽一家ですよね。

タケカワユキヒデさん自体が音楽家の家系なので、少なからずその影響がご自分の家族にも表れているのかもしれませんね。

タケカワファミリーは大家族

タケカワユキヒデさんの息子さんについてご紹介しましたが、他にも5人の娘さんがいます

1男5女と6人の子供の父親ですので、女子家系でしかも大家族ということになります

先ほどT’S COMPANYT’S FACTORYという名が出ましたが、実はこのユニット名でタケカワユキヒデさんの娘さんたちは音楽活動をしています。

5女のうち三女・基さんと四女・武川アイT’S FACTORYというユニットを組んでおり、近年は彼女達と一緒にタケカワユキヒデ&T’S COMPANYとして音楽活動することが多い。

特に花王リーゼのCMソング「気分は上々」は人気を博した。

この他にも、長女の唯と次女の誓によるT’S FACTORYもある。

娘さんたちも親と同じ道を辿ってユニットを組んでデビューしているのですから、さすがゴダイゴのメインボーカルの影響力はすごいですね。

1999年にベストファザー賞を受賞されているので、娘さんたちからはアーティストとしても父親としても尊敬される存在なのでしょうね。

ちなみに

この情報は確証がないのですが、タケカワユキヒデさんは養子を受け入れることに寛大だったようである人は身寄りのない子供を何人か引き受けたとか、ある人は黒人の男の子や女の子も養子として受け入れたといった話がありました。

また、一番上の女の子だけが養子だったはず

はっきりとした情報は見つかりませんが、タケカワユキヒデさんの長女の唯さんは養子である可能性があるようです。

妻の淳子さんと長女の唯さんとお孫さんの写真を発見しました。

幸せそうな写真ですね。

噂が本当なのかは分かりませんが、養子でも関係なく、一人の娘として立派に育ててきたタケカワユキヒデさんの人柄の良さがわかります。

四女の武川アイさんはこちら

スポンサーリンク

どことなく雰囲気がタケカワユキヒデさんに似ていますね。

武川アイさんはソロでも音楽活動をされています。

ご結婚もされていて、お子さんもいるようです。

タケカワユキヒデさんは忙しい合間でも、家族と一緒に夕食を食べることを守ってきたそうです。

こうして一緒に過ごしてきた時間があるからこそ、今でも家族みんなと一緒に活動ができているんですね。

タケカワユキヒデの自宅はどこ?

タケカワユキヒデさんのご自宅について正確な情報が見つかりませんでした

しかし、タケカワユキヒデさんが帝京大学の教育学部客員教授であることや四女の武川アイさんが東京都出身となっているあたりから、ご自宅は東京都内にある可能性が高いと思われます。

曲作りの作業場を自宅内に確保している

ここで劇伴を作るのがとにかく楽しいんです。

譜面を書いて終わりじゃなく、コンピューターを使って作品の映像をみながら作曲して、でき上がったら音と映像を流しながら確認する。

気になるところがあったらその場で修正できますし。

膨大な作業を一人でやるので、時間はかかるし大変なんですけど、これが本当に楽しい!

タケカワユキヒデさんのご自宅には専用のレコーディングスタジオがあるようです。

ものすごく大きな豪邸が想像できますね。

タケカワユキヒデが病気で声出てないと噂。

タケカワユキヒデさんには、病気で声が出なくなったんじゃないか?との噂が出ていますが、病気ではないと思われます

タケカワユキヒデさんが病気だと言う情報も見つかりませんでしたが、そもそもソロとなった今でもコンサートやディナーショーに出演されているので病気ではないことが分かります。

とはいえ、昔からのファンからは「昔に比べて声が出てない」などの意見が出ているのも事実のようで、さすがに20代の頃と66歳の現在を比べてしまうと酷かもしれません

音楽以外でも子育てについての講演を実施されているので、音楽活動自体が全盛期に比べれば少なくなっているというのも原因としてあるのかもしれませんね。

今回はゴタイゴのメインボーカルのタケカワユキヒデさんについてご紹介しました。

これからも音楽業界に携わりながらも、幅広いジャンルでのご活躍を期待しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする