高岡健二には息子がいるの?今現在や病気の噂について。

今回紹介させていただく人は、俳優・歌手として活躍されていた、高岡健二さんです。

高岡健二さんに息子がいるのか?

高岡健二さんの現在は?

現在病気という噂があるけど真実は?

皆さんの気になる事をまとめてみました。

高岡健二に息子がいるの?

高岡健二さんは1949年8月4日生まれ・兵庫県出身の俳優さんです。

そんな高岡健二さんは結婚されていて息子さんがいるのか調べてみました。

高岡健二さんは結婚されていました。

スポンサーリンク

1974年に放送されていたドラマ「女子高校生殺人事件」で共演したことをきっかけに女優の小川節子さんと結婚していることがわかりました。

小川節子さんも女優・歌もやっておられたようです。

スラっとして綺麗な人ですね。

小川節子さんは結婚をきっかけに女優を事実上の引退をしてしまったそうです。

映画デビュー後、わずか3年で引退してしまいました。

彗星のように現れて、去っていった女優さんなのですね。

綺麗な人なのに、3年間で引退してしまったようです。

高岡健二さんと小川節子さんの間にお子さんはいるのでしょうか。

結婚後、高岡健二と小川節子は子供を3人授かったそうです。

しかし、度重なる高岡健二の女性関係の噂から夫婦関係にひびが入り、2004年に離婚。

3人の子供は小川節子が引き取り、シングルマザーとして育て上げたと言います。

子供さん3人授かっていましたが、高岡健二さんの女性問題で、小川節子さんとは離婚されていました。

「爆報!THE フライデー」によると”2枚目俳優との子供を極秘出産”したそうですが・・・。

高岡健司さん若い時イケメンだったので女性にモテまくっていたのでしょうね。

2枚目俳優とされているのが高岡健二さんだったのでしょうね。

二人の間にお子さんが3人いる事はわかりましたが、残念ですが、息子さんなのか娘さんなのかの情報はありませんでした。

小川節子さんが一人でお子さん3人育てたようでいろいろ苦労もあったでしょうね。

高岡健二は今現在どうしてる?

最近テレビでお見かけしなくなってしまった高岡健二さんは現在どうしているのかなって気になりますね。

1970~1980年代の映画やテレビドラマで活躍し、二枚目俳優として人気を得ていました。

1969年7月には歌手デビューも果たしています。

しかし、2000年以降は徐々に見かけなくなり、俳優としての活動は抑えめな様子です。

スポンサーリンク

その一方で、本名の「高岡健治」で、ゴルフのコーチとして活動している高岡健二。

俳優として、歌手として若い頃は活躍していて、現在はゴルフのコーチとして活躍されているのって凄いですね。

名前も本名の高岡健治さんで活動されているんですね。

俳優から、どのようなきっかけでゴルフのコーチをしようと思たんでしょう。

40歳を過ぎてから仕事の付き合いでゴルフをするようになったことでした。

50歳頃からは本格的にゴルフの練習に打ち込むようになり、2003年、54歳の時に、アメリカのシニアゴルフプロテストを受験して見事に合格。

翌2004年には、ハワイで行われたソニーオープンのプロアマ大会に出場するほどになりました。

現在は、浅草橋ゴルフクラブ公式HPのコーチ紹介のページに、「高岡健治プロ」としてインタビューが掲載されています。

40歳の時に付き合いでゴルフをやるようになって、54歳でゴルフのプロテスト受けて合格されたのは、素質があったのでしょうね。

誰でもプロになれるとは思いませんよね。

現在も浅草橋ゴルフクラブでゴルフのコーチをされていました。

次のように紹介されていました。

高岡 健治(たかおか けんじ)

俳優、プロゴルファー。

映画、テレビドラマなどで活躍する傍ら、2003年にアメリカのシニアゴルフプロテストを受験。

2004年には日本人枠2人の中に勝ち残り、ソニーオープン(ハワイ)のプロアマに出場を果たす。

ゴルフをされる人はお試し体験もあるようでしたので、一度行ってみられるのも良いかもしれませんね。

高岡健二は病気なの?

高岡健二さんが病気なのではないかという噂がありました。

先ほども紹介させていただきましたが、現在もゴルフのコーチとして活躍されています。

何故、病気なのかって噂が流れたのか気になりますね。

1991年、小川節子さんは血液検査でC型肝炎ウイルスに感染していることが判明。

しかもC型肝炎ウイルスが体内に潜伏して10年が経過していました。

原因は輸血でした。

娘の出産時に大量出血が起き輸血用の血液製剤が投与され、これが感染原因と考えられました。

元、奥さんの小川節子さんが病気だったんですね。

次の画像が現在の小川節子さんです。

現在はどうなのでしょう。

2009年、国内でC型肝炎ウイルスの新たな治療法が確立されました。

従来のインターフェロン療法では遺伝子のタイプによって効果に個人差がありましたが、遺伝子検査の導入によって一人一人に効果的な治療が可能になったのです。

さらに、リバビリンという抗ウイルス剤を併用する方法も確立され効果の期待値はこれまでの約10倍にもなりました。

小川節子さんも、1年の治療期間を経て体内のウイルスを全て排除することに成功しました。

1年間の大変な治療だったかもしれませんが、ウイルスを全て排除する事が出来たんですね。

元気になったという事ですよね。

良かったです。

これからも、高岡健二さんにはゴルフコーチとして活躍していってもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする