高橋幸治に息子がいるの?家族構成や現在について。

今回は俳優の高橋幸治(たかはし こうじ)さんについてみていきましょう。

高橋幸治には息子がいるの?

大河ドラマ「太閤記」で演じた織田信長役でブレイクした高橋幸治さん。

主役を食う勢いで人気となり、一番のハマり役として現在もなお語り継がれています。

その人気はすさまじく、「織田信長を殺すな」と意見が殺到したほどでした。

そんな高橋幸治さんの私生活はあまり知られていませんよね。

結婚しているかどうかも調べてみましたが、発表していないようで不明でした。

かつて高橋幸治さんが再婚したという噂がささやかれたことがありましたが、同姓同名の別人のようです。

一部ではロボットの権威として知られる高橋智隆さんが高橋幸治さんに似ているとのことで、親子では?という噂が浮上しました。

スポンサーリンク

しかし、高橋智隆さんは以前インタビューで父親は内科医と答えていますので、事実無根ですね。

高橋幸治の家族構成について

新潟県出身の高橋幸治さん。

両親や実家の情報もなく、どのような幼少期を過ごしたのかは不明でした。

高橋幸治さんの家族構成は不明です。

現在結婚されているのか、お嫁さんがいるのかなども全て不明です。

プライベートをとにかく公表されない方でしたので、ほとんど情報がありませんでした。

高橋幸治さんはとにかくミステリアスで不思議な魅力のある俳優さんでしたが、実は家族を愛して子煩悩なのでは?と言う噂もありましたが、写真を取られたり家族について話をされている記事や動画も残っていませんでした。

謎が多い俳優さんなのですね。

高橋幸治は現在どうしてる?

織田信長役で一世を風靡した高橋幸治さんですが、最近はぱったりと見かけなくなりましたよね。

もともとプライベートの情報がほとんどなく、姿を消した現在何をしているのか気になっている方も多いでしょう。

高橋幸治さんの最後のドラマ出演は「ちいさな橋を架ける」です。

韓国の吊り橋建設のプロジェクトで日本と韓国の技術者たちが様々な話し合いを経て、摩擦を乗り越えて相互理解を深めていく姿を描くドラマです。

高橋幸治さんの最後の舞台は「冬の運動会」です。

向田邦子脚本の作品で、悠々自適に暮らしている会長役を演じられていました。祖父・父・子が家族との確執を理由にそれぞれ疑似家族を持ち心の拠り所にするストーリーです。

高橋幸治さんはこの作品を最後に芸能界姿を消し、現在まで俳優業をしていないようです。

スポンサーリンク

高橋幸治さんが映画出演されたのは、丹波哲郎の大霊界2が最後の映画作品となっています。

舞台でも、『風とともに去りぬ』の初代レット・バトラー役に始まり、多くの作品に出演していたが、1990年代以降寡作となり2001年以降は半ば引退状態になっている。

高橋幸治さんはは現在、田舎でスローライフを送っているのでは?という予測もあがっています。

ファンの間では地元新潟へ帰って家族とスローライフを送っていると言われています。

高橋幸治さんは陶芸家になられたという噂もありましたが、これは同姓同名の別人の高橋幸治さんだったようです。

高橋幸治さんは元々あまり執着心の少ない性格だったそうですから俳優を退いてスローライフが性に合っているのかもしれませんね。

現在俳優活動はしていない高橋幸治さんですが、芸能界を引退したという発表はありません。

よって、ファンは今も根強く復活を待っているようです。

高橋幸治の経歴は?

高橋幸治さんは高校卒業と同時に上京し、東洋大学経済学部に進学します。

当時文学座の中心として活躍していた俳優の宮口精二さんの運転手になりました。

高橋幸治さんはその縁で1959年に文学座の研究生となりました。

高橋幸治さんは1963年に「日本の孤島」で初舞台を踏みます。

高橋幸治さんは研究生となってから4年で初舞台を踏み、ここから高橋幸治さんの俳優としてのキャリアをスタートしていきます。

そして高橋幸治さんは「母」で映画デビューを果たします。

映画デビューしてからは、徐々にドラマや時代劇に多く出演するようになりました。

高橋幸治さんは1965年、大河ドラマ「太閤記」で織田信長役を演じます。

大変人気で緒形拳さん演じる豊臣秀吉よりも最初は人気が出た程だったそうです。

織田信長を殺さないで!とNHKに投書が殺到したため、本能寺の変の回を後にずらした程です。

過去二作は歌舞伎界と映画界の大スターが主演に起用されたのですが、本作では舞台出身の若手俳優だった緒形拳氏と幸治氏が抜擢され、人気を呼びました。

そして、大河ドラマ「黄金の日々」で2度目の織田信長を演じます。

高橋幸治さんは織田信長だけでなく、「源頼朝」も演じていました。

源頼朝は平家と対立する源氏の大将です。

本ドラマ内では少年期は比較的好意的な印象で描かれていましたが成人するにつれ策略家で智謀家としての一面が強調されるようになりました。

高橋幸治さんの端正なお顔と策略家の源頼朝のイメージがマッチして、こちらも高橋幸治さんのハマり役と言われています。

数々の時代劇でその存在感を見せ付けていた高橋幸治さん。

またその姿を見せてほしいですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする