大和田伸也の息子は長男が大和田悠太、次男が大和田健介。俳優をしてるの?

今回は俳優の大和田伸也さんについてみていきましょう。

大和田伸也の息子(長男)は大和田悠太。

劇団四季出身の俳優として活躍し、声優やナレーターとしても知られている大和田伸也さん。

『炎の女・秋瑾』では、日本人として初めて中国映画に出演しているなどの実力派でもあります。

私生活では、ドラマ「水戸黄門」の第9部最終回で共演したことをきっかけに女優の五代路子さんと結婚しており、息子さんを2人授かっています

息子さんは2人とも俳優として活躍しており、長男は大和田悠太さん次男は大和田健介さんといいます。

大和田伸也の息子(長男)・大和田悠太は俳優だけど仕事が無い?

東映の「次世代を担う俳優養成プロジェクト」(指導・石橋蓮司)において、対象者3人の中のひとりに選ばれた大和田悠太さん。

ちょくちょくドラマなどに出演していましたが、俳優としての仕事はしばらくない状態のようです。

スポンサーリンク

女優の五大路子(65)が10日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話」(水曜・後7時)に出演。

夫・大和田伸也(70)との間にもうけた息子で俳優の大和田悠太(36)の1年半、俳優の仕事がないという現状に涙を流した

五大は「自分もそうだったから」と、高校3年生で俳優の道を目指した息子に大賛成。

04年、伸也の脚本・演出・出演舞台でデビューさせるなど、夫婦そろって息子の俳優業をバックアップしてきた。

しかし、「浮かれていて、こういう仕事(親との共演)が続いていくと思っていました」という悠太の俳優業は挫折。

2014年に1歳年下の女性と結婚したが、現在は1年半、俳優としての仕事がない状態だという。

現在は横浜市のケーブルテレビ局でキャスターの仕事をこなしているそうですが、それも週三日くらいの仕事だそうです。

キャスターと俳優の仕事だけでは食べていけないので、売れっ子イラストレーターだという奥さんの仕事を手伝って生活しているようです。

「自分が頑張って、いつか妻に楽をさせてあげたい」と様々な俳優の仕事が来るよう、乗馬の練習に励む姿に母・五大は「見ていて、ウルッと来ちゃった」と涙を流していた。

2014年に一般女性と結婚して一家の大黒柱となった大和田悠太さん。

俳優としての仕事が軌道に乗るといいですね!

大和田伸也の息子(長男)・大和田悠太は「花子とアン」に出演?

スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の純平役を演じていたのは、次男の大和田健介さんのようですね。

大和田健介は、NHKの朝ドラ「花子とアン」にも出演しました。

大和田健介が演じたのは、宮崎純平。

吉高由里子が演じたヒロイン花子の親友である、仲間由紀恵演じる蓮子の息子役です。

お国のためにとの一念で懸命に生き、少年航空隊に自ら志願して戦地に赴く青年役を、坊主姿で熱演した大和田健介。

国に命を捧げたいという熱い想いを持つ純平が、平和主義者の父・龍一と激しくぶつかり合うシーンでは、熱い役者魂を見せつけています。

大和田健介さんが演じた「純平」は好評で、視聴者の心を強く打ったようです。

大和田伸也の息子(次男)は大和田健介。

大和田伸也さんの次男は大和田健介さんという俳優さんです。

有名私立一貫校である和光学園を卒業後、日本大学藝術学部映画学科に進学しています。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』では、端役のため共演こそないが、父親の大和田伸也との同作品出演を果たしている。

『ごくせん』第9話(2008年6月14日、日本テレビ)にゲストとして下級生役で出演したが、映画『ごくせん THE MOVIE』で新たな3-Dの生徒として出演する。

『ごくせん』シリーズで、別の役柄での出演経験が有る上で3-D生徒役を演じたのは、石黒英雄に続いて2人目である。

最近では生田斗真さん主演の映画『脳男』で新米刑事役に挑み、倉庫爆破などをスタントマンなしに演じて話題になりました。

2011年に『ACジャパン』でのおばあさんを助ける高校生役や、『東京ガス』の主人公、『日経新聞』の新入社員、『カルピスウォーター』の憧れのアイツ役などのCMに出演。

ビデオリサーチから2011年(1 – 12月)のテレビCM露出量タレント2位を獲得したことが発表された(ちなみにこの年の1位は上戸彩)。

大和田伸也さんが監督をつとめた映画『恐竜を掘ろう』で脚本を担当するなど、俳優以外の活動もしています。

映画製作に興味を持っており、中学生の頃から友人らと自主映画制作をしており、大学1年生の時にはコーヒーサークルを舞台にした「クロマメのキモチ」という映画を作っている(「FINEBOYS」より)。

俳優として得たことやこれからの経験を生かして、いつか映画監督をするのが夢である。

俳優としては「いつか戦争ものや、日本男児のような熱い人物を演じてみたい。」

俳優としてキャリアをつんでいる大和田健介さんですが、将来は映画監督になることを目標としているようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする