大泉逸郎に息子がいるの?現在病気で死去したという噂も?

今回紹介させていただく人は、演歌歌手の大泉 逸郎(おおいずみ いつろう)さんです。

大泉逸郎さんは、1990年に自分の孫をテーマを歌った『孫』でデビューされました。

本業はサクランボの農家を経営されています。

そんな大泉逸郎さんの気になる息子さんがいるのか?

現在はどうしているのか?

病気という噂は真実なのか?

死亡説があるがどうなのか?

など皆さんの気になる事をまとめてみました。

大泉逸郎には息子がいるの?

スポンサーリンク

大泉逸郎さんには、お孫さんがいるのは有名ですね。

自分の孫がとても可愛いくって歌にしてしまったぐらいですからね。

大泉逸郎さんに息子がいるのか、娘さんなのか気になりますよね。

調べてみますと、大泉逸郎さんには息子さんがいました。

家族(長男)が白血病であったこともあり、骨髄バンク支援に熱心である。

自身の骨髄を移植して息子の命を救った経緯がある。

長男さんが白血病になり骨髄バンクを熱心に支援されていたようです。

大泉逸郎さんの骨髄が一致して移植手術が行われました。

一致してよかったですよね。

まだたくさんの患者さんがドナーをまっています

少しでもたくさんのドナーが集まれば、少しでもバンクに協力できればと、支援活動をライフワークとして行っています。

恒例のチャリティコンサートやドナー登録など、皆様のご協力を待っています。

息子さんがドナーが必要になったことで骨髄バンクの大変さがわかったのでしょうね。

沢山のドナーを待っている人を助けてあげたいと。

チャリテイーコンサートなどもやっている大泉逸郎さんでした。

息子さんは長男さんだけなく次男さんもいるようです。

病気がきっかけで長男さんが居るという情報だけが拡散していますが、次男さんもいるようです。

2011年は、東日本大震災があった年。

東北に住む大泉逸郎の家族も例外ではなく、大きな影響を受けました。

大黒柱の病気に加え、次男家族が津波の被害に、妻の実家が原発の被害に遭うなど、なにかと大変な1年に。

画像を見ても東日本大震災が大変だったことが分かりますね。

大変なことが重なる時って重なるんですね。

大泉逸郎さんには息子さんが2人いることが分かりました。

大泉逸郎の現在について

大泉逸郎さんが現在はどうしているのか気になりました。

『孫』以外の歌が流行った記憶が私はありませんでした。

歌手としては現在は引退しているのでしょうか。

2018年6日月20日にシングル『二度とない人生だから』を発売されていました。

2017年にもシングル『婿どの』を発売されています。

スポンサーリンク

年に1枚のペースでシングルを発売されていました。

自分の人生を歌にしているのではないかと感じました。

本業はサクランボ農家の経営者。

2018年現在も地元でサクランボを収穫しながら歌手として活動している。

現在もサクランボの農園をしながら歌手としての活動も頑張っておられる大泉逸郎さんです。

大泉逸郎の病気は脳梗塞?

大泉逸郎さんが脳梗塞だったのではないかという噂がありますが、どうなのでしょう。

2011年に1月18日に脳梗塞(こうそく)のため山形県内の病院に緊急入院していた演歌歌手の大泉逸郎(68)

脳梗塞とか病気って突然にやってくることがありますね。

年齢を重ねていくと少しの変化でも気をつけないといけないですよね。

自宅の近所の知人宅で不調に襲われます。「頭痛がする」と訴え、知人の車で病院に向かいました。

頭痛だからと言っても油断できないですね。

私も頭痛持ちなので気をつけないといけないなって感じてしまいました。

早期発見が功を奏し、順調に回復した大泉は「体調は大丈夫。医者からは控えるように言われているが、仕事をすることが自分には一番の薬だと思っているので。

今回の件で皆さんにご心配をおかけしたので、今後は心配をかけない程度に頑張っていきます」と意気込む。

お仕事が大好きな大泉逸郎さんですね。

脳梗塞って後遺症などが心配ですよね。

大泉逸郎さんはどうなのでしょう。

病気の後遺症については、2015年のインタビューで、「バランスの障害が残っている」「ステージに立った時に暗い階段の時は怖かった」と明かしている大泉逸郎。

脳梗塞を起こしてしまった人は、酷い人なら喋るのも困難になってしまう人もいます。

喋るのが困難になってしまうと大好きな歌も歌うのがつらくなっていたかもしれません。

バランスの障害が出ているようですが、舞台などでは気を付けてほしいですね。

大泉逸郎の死亡説はデマ

大泉逸郎さんの死亡説があるようですが、デマなのでしょうか?

結果から言いますとデマです。

何故そんな噂が流れたのか気になります。

230万枚を超える大ヒットとなった大泉逸郎(75)の「孫」などを作詞した作詞家・荒木良治さんが老衰のため、23日午前9時25分、山形県西村山郡西川町内の養護老人ホームで亡くなったことが24日、分かった。92歳。

あれだけ売れた『孫』を作詞された先生の死去で勘違いされて噂が流れたっという事もあるかもしれませんね。

大泉逸郎さんも現在は77歳。

シングルは発売されているようですが、テレビでお顔を拝見する機会もなくなってきているようなので、亡くなっているのではという噂が流れている可能性もあります。

2019年の現在でも脳梗塞の後遺症は多少残っているようですが、現在もシングルを出されていますし、サクランボ農園も頑張っておられるようです。

これからも、無理しないでサクランボ農園・歌手としても頑張っていただきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする