奥薗壽子に息子がいるの?家庭の医学でレシピを紹介していた?

今回紹介させていただく人は。料理研究家の奥薗壽子(おくぞの としこ)さんです。

1962年08月13日2018年現在は55歳です。

母親が料理が苦手だったために少額年生の頃から料理を作り始めたそうです。

2002年にはテレビ番組『TVチャンピオン』の3分間料理王選手権に出場されて(3分間ジャガイモピザ)を作られて優勝します。

そんな料理研究家の奥薗壽子さんには息子さんがいるのか?

「たけしのみんなの家庭の医学」でレシピを紹介していたのか?

皆さんの気になる事をまとめてみました。

奥薗壽子さんには息子さんがいるの?

奥薗壽子さんは結婚されてお子さんがいるのか気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

奥薗さん結婚しています、結婚相手の素性や名前や年齢はわかりません。

結婚したのは20代前半で結婚の約2年後に長男を生んだそうです。

息子さんがいる事はわかりましたが息子さんの詳しい情報は何もわかりませんでした。

娘さんもおられるようですが、何の情報もありませんでした。

一般の人なので情報を明かされていないようですね。

息子さんが2歳のころ京都を離れ転居先の九州で料理教室を開いたようです。

料理教室を開かれていたんですね。

手軽にできる家庭料理などを教えていたのでしょうね。

その後、離婚し、二人の子供を育てながら、日々家庭料理を作り続けていく中で、

独学で家庭料理研究家になったようです。

離婚がきっかけで家庭料理研究家なられたんですね

独学で勉強されるとこが凄いですね。

シングルマザーになって息子さんのことで悩んでいた時もあったようです。

息子さんが中学生の頃にまったく、奥薗さんのお料理を食べなくなった事が、書いてありました。

奥薗さんは、自分の事を全部否定した息子さんを受け入れる事にして、息子さんの所に来た友達に、ごはんを食べさせる事にしたそうです。

お友達がおいしいと、奥薗さんに心を開き、仲間として受け入れられると、息子さんも、友達と一緒に、ご飯を食べるようになったそうです。

母親が仕事のために家を開け、子供たちだけでご飯を食べることは、奥薗さんが思うより、寂しいことだったのではないか。

子供は仕事を理解してくれていると思っていたけれど、何かいつも足りないものがあった。

それは、一緒に食べるということだったのではないかと言う事に気づかれたそうです。

この事に気づいてからは、できる限り、一緒に食べることを考えられたそうです。

離婚されてか奥薗壽子さんはお仕事が忙しくて、お子さんたちと食事を一緒にする機会が少なくなってきてたのかもしれないです。

中学生の頃って少し親に反抗したくなってしまう年頃だった気がしますね。

子供だけで食べる食事は寂しくて母親に言えなかったという事もありますね。

息子さんの友達を奥薗壽子さんが快く受け入れてあげたことで息子さんも心を開いていったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

奥薗壽子は「たけしのみんなの家庭の医学」でレシピを紹介していた?

テレビ番組『たけしのみんなの家庭医学』で、奥薗壽子さんがレシピを紹介されていました。

鶏胸肉のくるみ焼き

血液血管若返りが期待できる料理だそうです。

健康にこだわっている感じがします。材料(2人分)

・くるみ(無塩) 14個
・オリーブオイル 小2
・粗挽き胡椒 適宜
・レモン 適宜
・ベビーリーフ 適宜
・醤油 少々

A) 鶏胸肉 小1枚
塩 小1/3
ニンニク(すりおろし) 1かけ
B) 小麦粉 大1
水 大1
醤油 少々

ニンニクやオリーブオイル胸肉を使っているとこも

健康に気を使っている感じがしますね。

作り方は思うほど難しくありませんでした。

くるみはポリ袋に入れて麺棒で叩き、細かく砕く。

鶏胸肉は皮をはぎ、一口大に切ったらポリ袋へ入れ、そこに塩(小1/3)、すりおろしニンニク(1かけ)を入れてよく揉み込む。

Bを入れてさらに混ぜる。

ポリ袋を切り開き、そこに細かく砕いたくるみをまんべんなくまぶしたら、
薄くオリーブオイルをひいたフライパンに入れ、中火で両面をこんがりと焼く。

アドバイスとしては、クルミは小さく砕いた方が良いようですね。

材料を見ると作るの大変なのかなと思ってしまいますが、作り方は簡単なようです。

他にもたくさんの病気別レシピも紹介されていました。

家庭料理研究家 奥薗壽子さんが医学的根拠に基づいて考案した、番組で紹介した病を予防・改善するレシピです。

※レシピは有料で公開しています。

●認知予防の料理

●腸内環境

●高血圧予防

●ダイエット

他にも沢山の料理レシピがありました。

料理本もいろんなものが出版されています。

手を抜いても愛情は抜かない、家庭料理の基本です。

偏食しがちな子どもと、野菜嫌いな子どものいる家庭にぴったりのアイデア料理を紹介。

どれも手軽にすばやくできるものばかりです。

奥薗壽子さんの料理本こどもシリーズは、朝ごはん・おやつ・お弁当などもあります。

奥薗壽子さんは、自分でズボラ派料理研究家を名乗っておられますが、楽しくシンプルにがモットーのようです。

いらない手間を省いたおいしいラクうま料理を提唱。主婦から絶大な支持を得ている。

ズボラをキャッチフレーズにしつつもだしを有効に使う、健康に良い、ゴミを出さない料理家としても人気。

これからも、主婦の為に手軽においしい料理レシピを作っていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする