仲宗根美樹の息子で長男は國場一成。次男の國場雄大はnerとして活動中?

仲宗根美樹さんをご存知でしょうか?

名曲「川は流れる」が有名ですね。

彼女の息子についてまとめてみました。

仲宗根美樹の息子(長男)は國場一成。

中曽根美樹の子供は三人、長男、次男、長女です。

長男は國場一成さんです。

彼は1972年生まれ、生きていれば46歳でした。

というのも…、彼は10年前、すでに病死しています。

一成さんは、2008年に肺がんで亡くなっています。

スポンサーリンク

体調不良を訴え、気づいた時には手遅れだったそうです。

診断を受けた時には肺がんの末期で余命宣告を受け、2008年35歳の若さでこの世を去りました。

35歳で亡くなってしまうなんて早すぎますよね。

長男出版業界で働いていました。

長男・一成さんはギャル雑誌「S-cawaii」の編集長をしていた。

有名な雑誌を扱っていらして、業界では有名な方だったようです。

執筆のプロだった彼は、亡くなるまでブログを書き続けました。

一成さんは末期がんの宣告を受けてから自身のブログで心境を綴っています。

ブログに綴られていたのは病気の苦しみや、仲宗根美樹や弟・妹ら家族を心配する内容でした。

病気になるまでは家族はバラバラだったようです。

病気になったことで連絡を取り合い家族の距離が濃いものになった。

元々あまり家族仲が良くなかったようですね。

実は仲宗根美樹の家庭環境は複雑で、それが影響していたのかもしれません。

売れっ子歌手だった仲宗根美樹は、1971年に最初の結婚をしています。

1971年27歳のころ、歯科医の男性と結婚。

芸能界を引退することになります。

1972年に長男一成さんが誕生します。

芸能界を一旦辞めて主婦になり、長男も授かります。

しかしすぐに離婚

その後司法書士で経営コンサルタントの白橋栄治さんと再婚。

1977年に次男・雄大さんを出産し、翌年には長女・亜紀さんが誕生。

子供は3人なんですが、長男は父親が違ったんですね。

しかし、二度目の結婚生活も長くは続きませんでした。

いくつかの事業を始めますがうまくいかず、多額の借金を抱えてしまい、1981年に離婚した。

こう見てくると、金銭的にも精神的にも不安定な家庭ですね。

子供成長期は、とても多感な時期。

浮き沈みの激しい生活の中で家族の気持ちがバラバラになってしまったのかもしれませんね。

母の仲宗根美樹は現在、歌手に復帰し活躍中です。

今現在は歌手として復帰されています。

銀座でクラブも経営されているそう。

銀座のクラブのママと歌手、二足の草鞋で頑張っているようです。

仲宗根美樹の息子(次男)は國場雄大。

仲宗根美樹の息子、次男は國場雄大です。

先に書きましたが、彼は2番目の夫の子供で、1977年生まれの41歳です。

画像コチラ

スポンサーリンク

母である仲宗根美樹に似てますね、目鼻立ちのくっきりしたイケメンです。

次男は色々とやらかしてしまっています。

中等部から慶應義塾入学するも、高校一年で留年し、4年かけて卒業。

大学では結構いるかもしれませんが、病欠以外で高校を留年する人は少ないですよね。

大学時代はギャル男に変身。

二年間で10回ほどしか通学せず中退。

学生ビジネスに失敗し、友人から借金。

ギャル男はいいんですが、大学に行かずに借金はいけませんね…。

その後はバイトや会社員、俳優を経験したのちに25歳の若さで自己破産しているようです。

25歳自己破産、大学の時から始めたビジネスの借金が大きかったと思われます。

俳優を経験、そんなに簡単になれるものなのでしょうか?

俳優養成所に通い、親のコネで映画出演するも養成所をサボり続け解雇。

母親が芸能人だった為、ツテを頼ったようですね。

しかしクビになったら、紹介した母にも迷惑をかけてしまいます。

これだけでも十分キツイのですが、まだまだ続きます。

自己破産後は「ひきこもり生活」を始めて7年間も引きこもっていました。

自堕落な生活をしていた。

25歳から32歳まで、社会人として大切な時期ですよね。

その間何もせずに、自宅で悠々と生活していたようです。

いわゆる「ドラ息子」というタイプですね…。

しかし最近は頑張っているようです。

32歳でアルバイトとして働きはじめ引きこもりを脱出。

34歳で国の企業支援を利用してオークション代行と身元整理のサービス会社を立ち上げる。

社会復帰後すぐに起業して、やる気はあるんです。

しかしこの事業は赤字が膨らむ一方で借金は1000万を超えた。

ただ…ちょっと空回りしてしまうようです。

この会社現在休眠状態。

では彼は今、何をしているのでしょうか?次でご紹介します。

仲宗根美樹の息子(次男)・國場雄大は「NER」名でニコ生主として活動中。

次男・國場雄大は32歳ごろから「ニコ生放送」を開始しています。

名前は「NER」(ネル)と名乗っています。

ニコ生放送で会員制のユーザーチャンネルを開設し、その会費で生計を立てている。

生計を立てられるほど儲かるんですね。

彼の放送には母である仲宗根美樹も出演するなど、なかなかの人気なんだそうです。

人気となった理由は…?

あまりに自由奔放でクズ過ぎる経歴が、ネットユーザーを騒然とさせている。

確かに自由奔放ですごい経歴ですよね。

しかしそれで人気が出て生活していけるのならば、悪い過去無駄ではなかったでしょう。

余談ですが、長女の亜紀さんは結婚して子供も生まれ普通の生活を送っているそうです。

仲宗根美樹の息子についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

早逝した長男が心配していた家族、力を合わせて頑張っていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする