永田雅一の息子は永田秀雅。孫はいたの?晩年や養女の有無について。

永田雅一さんの息子は永田秀雅?!孫はいたのか?

晩年や養女の有無について調べてみました。

永田雅一の息子は永田秀雅。

1906-1985 昭和時代の映画プロデューサー。

明治39年1月21日生まれ。

日活京都撮影所などをへて,昭和22年大映社長となる。

26年「羅生門」でベネチア映画祭グランプリ受賞,36年日本初の70ミリ映画「釈迦」を製作。

プロ野球パリーグの初代総裁もつとめた。

昭和60年10月24日死去。79歳。

京都出身。大倉高商(現東京経済大)中退。

スポンサーリンク

この時代では、映画界のドン・永田雅一と言われていたみたいですね。

永田雅一さんは、結婚よりも仕事という考えで、一度も結婚をされていません。

なのでお嫁さんもいらっしゃらないですね。

結婚は1度もしていない永田雅一さんですが、実は息子と娘さんがいたらしいです。

↑画像の右の方が息子さん「永田秀雅さん」です。

大映副社長をしていた秀雅さんですが2017年10月3日に92歳で亡くなられたそうです。

もと大映副社長・永田秀雅氏の訃報が飛び込んできました。

私は大映在籍中にとても可愛がっていただいた恩人の死です。

10月3日に亡くなられ、ご家族だけでの葬儀を終えられたと伺いました。

大映九州支社の宣伝課長として在籍した私は、秀雅さんが東京撮影所次長をされていたころからのお付き合いになります。

相手はおえら方ですが、歳もそんなに離れていないし、毎月の会議以外にも各地のイベントやご挨拶回りで一緒に旅をすることもあり、私は思ったことを何でも言えたし、一方的に兄貴分みたいに思っていた方でもあります。

大映が倒産してから約30年後にお付き合いが復活しました。

随分寂しかったご様子で、私と電話でお話したことが楽しみの一つと仰ってくださり、時々は震える手で書かれて下さった手紙は10通を超えます。

それでも手紙の文面や電話では、まだ口だけは達者だからと常に明るく振る舞っておられたのが、今は逆に悲しい思い出につながります。

秀雅氏がお父さん(永田雅一氏)から聞いた話だと、永田家のルーツは京都ではなく熊本だそうで、元気になったら熊本に行ってみたいと言われていて、それでは私が熊本を案内しますねと約束をしていました・・・。
私は意気消沈しています。

大映は倒産していたのですね…。

電話、手紙が楽しみの一つとは、寂しい生活を送られていたのでしょうか。

永田雅一に孫はいた?

永田雅一さんに孫はいたのでしょうか?

・TBSラジオのディレクター(のちプロデューサー→TCエンタテインメント専務取締役)で『コサキン怪傑アドレナリン』及び後継の『コサキンDEワァオ!』、『伊集院光 深夜の馬鹿力』などを担当した永田守は孫。

特に『深夜の馬鹿力』においては「永田家には足を向けて寝られないほどの大恩がある」と語る安部譲二が数々の企画に出演するなど、永田家の影響力を窺い知る逸話がある。

・その守に雅一は「大映パパ」と呼ばせていたという。

・歌舞伎役者市川雷蔵の妻・太田雅子(一般人)は永田と養子縁組関係にあった。

・外食産業専門コンサルタント会社「株式会社ブグラーマネージメント」代表取締役社長兼CEOである永田雅乙は曾孫にあたる。

スポンサーリンク

なるほど。結婚もしていないのに息子?!孫?!

色々と謎でしたが、永田雅一さんは養子縁組を行ったんですね。

永田雅一の晩年について

永田雅一さんは、晩年萬屋錦之介 主演映画「日蓮」を製作しました。

鎌倉時代、さまざまな迫害や弾圧に遭いながらも自らの信念を貫き、飢饉や災害にあえぐ民衆に法華経の教えを説いた日蓮上人の波乱の生涯を、重厚なタッチで描いた歴史大作。

熱心な日蓮宗の信者のひとりであり、かつてワンマン社長として鳴らした大映時代にも「日蓮と蒙古大襲来」なる一大歴史スペクタクル映画を製作したことのある永田雅一。

大映倒産後、自らの独立プロを興し、映画界への奇跡の復活を果たした彼が、再度、日蓮上人の波乱の生涯を重厚なタッチで描き出した大作伝記ドラマ。

名優・萬屋錦之介が主役の日蓮に扮して渾身の力演を披露するほか、彼の実弟・中村嘉葎雄、松方弘樹、松坂慶子、松本白鸚(九代目松本幸四郎)、等々が豪華競演を披露。

これが永田、そして監督・中村登の遺作となった。

大歴史となる作品を制作した永田雅一さん。

素晴らしいですね。

永田雅一には養女がいたの?

永田雅一さんは、女性を養子縁組したことがありました。

梶 芽衣子は、日本の女優・歌手。

本名および旧芸名、太田 雅子。 東京都千代田区神田出身。

オフィスカネダ所属。

子役からのアイドルスターであった太田博之とコンビを組み、W太田として青春スターとして売り出され、1965年の映画『青春前期 青い果実』で主演を果たす。

この頃は慣れないアフレコに四苦八苦しており、そんな梶をある大物女優があざ笑い、怒った梶はその女優に啖呵を切ったという。

その噂は撮影所に瞬く間に広がって武勇伝となり、会社の重役からは絞られたものの、その事が切っ掛けでアフレコを一生懸命に練習し、上達した。

1969年に出演した映画『日本残侠伝』で監督・マキノ雅弘に芸名を梶 芽衣子と改名される。

改名は成功し、以降不遇時代から抜け出す。

芸名を改名されたのですね。

永田雅一さんと養子縁組で血は繋がっていないといい、映画に携わる仕事をされていたのですね。

梶芽衣子さんは、昔から「かっこいい女性」「美人」と言われているそうです。

確かに美人でかっこいい女性ですね!!

現在71歳の梶芽衣子さんですが、今も女優・歌手を続けているそうですよ!!

今後の活躍にも期待したいですね!!!

いかがでしたか。

今回は、永田雅一さんについて調べてみました。

結婚より仕事を選んだ永田雅一さん。

養子縁組についても改めて考えさせられました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする