元木大介の息子の名前は長男が元木翔大、次男が元木瑛介。桐光学園なの?

元木大介は元プロ野球選手で、現在は野球解説者やタレント業などをこなしています。

元木大介の息子について調べてみました。

元木大介の息子(長男)の名前は元木翔大。


元木大介には息子が2人います。

長男の名前は元木翔大です。

2006年に生まれています。

元木大介がプロ野球を引退したのが2005年10月のこと、長男は2006年1月生まれなので、父親である元木大介がプロ野球選手として活躍していたということは全く知らなかったそうです。

元木大介は自分の試合の録画を見せたりはしていたようですが、実際に活躍する試合を見ていたわけではないので、息子としては実感がわかないらしく、小さい頃は野球が嫌いだと言っていたのだとか・・・

元木大介の息子(次男)の名前は元木瑛介

元木大介の息子次男の名前は元木瑛介です。

スポンサーリンク

長男とは4歳違いで2010年に生まれています。

元木瑛介くんの画像を探しましたが、見つけることができませんでした。

元木大介の息子の小学校はどこ?

元木大介の息子の小学校がどこなのか?ということがネット上で話題になっていますね。

どうやら私立の小学校に通っているのは確かなようですが、それがどこの小学校なのかは、はっきりとわかりませんでした。

ただ、元木大介の奥様の大神いずみさんが

「規模が小さく先生たちの目が行き届き、アットホームななかで勉強できる。

そんな小学校の環境が、私はすごく気に入ったんです」

と息子の学校について語っているそうなので、よく芸能人が自分の子供を通わせるような大きな有名私立小学校ではない感じですね。

元木大介の息子の中学校は桐光学園なの?

元木大介の長男は中学生になり、中学校がどこなのか?ということが話題になっています。

一時期は桐光学園ではないか?と情報が飛び交いました。

その理由は、元木大介が桐光学園の試合を観戦していたところを目撃したという情報があり、そのことから、息子が桐光学園にいるのではないか?

という噂が広がったようですが、実際に長男の元木翔大君が桐光学園に通っているかどうかという確かな情報はつかめませんでした。

スポンサーリンク

元木大介の息子は野球をやってるの?

元木大介は元プロ野球選手なので、息子が二人いれば、やはり野球をさせているのか?ということも気になりますよね。

この件に関して調べてみると、長男の元木翔大君は野球をやっているようです。

しかも、結構な成績を残しているというのです。

元は野球を嫌って、サッカーをやっていたようなのですが、野球の魅力にはまって今ではすっかり野球少年になってしまっているようです。

さすがにカエルの子はカエル、といったところでしょうか。

所属する野球チームは麻生ボーイズというチーム。

少年野球お世界にも世界大会というのがあって、12歳以下を対象としたU-12カル・リプケン氏主催の世界少年野球大会の日本代表に元木翔大君は選出されるほどの実力だそうです。

この世界大会に出場する日本代表チームの監督は元木大介が勤めています。

さらに、日本の代表チームはこの世界大会で見事に優勝を果たしていて、なんと3連覇を達成しています。


このチームを優勝に導いた元木大介監督の練習方法は、怒る時は、自分の息子を怒り、激を飛ばしていた、というのです。

今の時代、なかなか厳しく怒る、ということができなくなっているので、自分の息子を怒ることにより、周りが緊張するようにもっていったということです。

息子の翔大くんは、怒られても、その分「元木大介の息子」ということで得をすることがたくさんあるのだから、その分損をすることもある、と言い聞かせられたということです。

元木翔大くんはピッチャー、三番打者で優勝に貢献最優秀選手賞とベストナインに選ばれています。
ここまでくれば、元木翔大くんの将来の夢は、プロ野球選手になって父親の記録を抜くこと、というのも納得です。

元木大介も、幼いころに野球が嫌いだと言っていた息子が、すっかり野球にはまってしまい、将来の夢がプロ野球選手といっているので、今ではきっとうれしくてしようがない事でしょうね。

元木翔大君がプロ野球選手になる前に、甲子園で活躍する姿が楽しみですね。

次男の元木瑛介君が野球をやっているかどうか?というのは今のところ確かな情報がないのではっきりとはわかりませんが、これだけ家族に野球をする人が多ければ、自然と野球をやっていてもおかしくはないですよね。

気が付いたら野球の道を歩いていた、となるか、逆に野球とは全く違うことをしているのか、どちらかになりそうですよね。

次男の瑛介君が仮に野球をやっていたとしても、話題になるまでにはもう少し時間がかかりそうな気がします。

お父さんが元プロ野球選手ということがあって、プレッシャーも大きいかもしれませんが、それなりに才能を持って生まれていると思われるので、今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする