上岡龍太郎の息子は映画監督の小林聖太郎。画像は?急死の噂が!

昔は漫才トリオ横山ノック・フック・パンチの横山パンチとして漫才をし、「探偵!ナイトスクープ」の初代局長として活躍していた上岡龍太郎さんには息子さんがいます。

神岡龍太郎さんの息子さんは映画監督の小林聖太郎さんです。

今回は小林聖太郎さんに注目し、記事を作成しました。

上岡龍太郎の息子は映画監督の小林聖太郎。画像は?

上岡龍太郎さんは昔にまだ「横山パンチ」と名乗っていた頃、ファンの女性と結婚をしています。 

「漫画トリオ」で人気のあった上岡龍太郎さんは、集まってきたファンの1人に対してこう口説いていたそうです。

ただ、奥さんは当時まだ中学生だったそうで、笑福亭鶴瓶さんから犯罪者呼ばわりされたとか。

中学生からのファンもいて、神岡龍太郎さんは人気があったのですね。

笑福亭鶴瓶さんの言う通り、中学生の女性となるとちょっと問題な感じもしますね。

スポンサーリンク

上岡龍太郎さんは何気にロリコンだったりするのでしょうかね。

そんな神岡龍太郎さんには息子さん1人います。

息子さんの名前は小林聖太郎(こばやししょうたろう)さんです。

小林聖太郎の画像はこちらです。

インターネットで小林聖太郎さんを検索すると画像がすぐに見つかりますが、小林聖太郎さんは何をされているひとなのでしょうか。

上岡龍太郎の息子・小林聖太郎?

小林聖太郎さんの情報はインターネットで検索するとたくさん出てきます。

調べてみると、小林聖太郎さんは映画監督をしている人です。

芸能関係のお仕事をしているので、ネット上の情報が豊富なのですね。

そんな小林聖太郎さんの略歴を見てみましょう。

1994年、関西大学法学部政治学科を卒業後、大阪在住のジャーナリスト・今井一の助手を務め、『阪神大震災の被災者にラジオ放送は何ができたか』『大事なことは国民投票で決めよう』などの取材、執筆に関わる。

スポンサーリンク

その後、1996年に、今井の知人であったドキュメンタリー映画監督の原一男が主宰する「CINEMA塾」第一期生として参加する。

原の監督したテレビドキュメンタリー『映画監督・浦山桐郎の肖像』では、2年に及ぶ製作期間を通して助監督を務め、関連書籍『映画に憑かれて 浦山桐郎』の編集にも携わった。

1998年からは劇映画の助監督として幅広く活躍。

中江裕司、行定勲、井筒和幸、森崎東、根岸吉太郎、田崎竜太など、多くの監督のもとで経験を積み、2006年、大阪・十三の映画館第七藝術劇場の復活記念DV作品『かぞくのひけつ』で劇場公開作デビューを果たした。

なお同作品で、2006年度(第47回)日本映画監督協会新人賞、2008年11月に新藤兼人賞2008を受賞。

小林聖太郎さんの有名な作品といえば、「毎日かあさん」がありますが、こちらも賞を受賞されています。

『毎日かあさん』では、第14回上海国際映画祭アジア新人賞部門で作品賞を受賞している。

様々な監督作品を手掛けてこられた小林聖太郎さんには、受賞作品も多いです。

上岡龍太郎の息子・小林聖太郎に急死の噂が?

小林聖太郎さんに急死の噂があったようですが、そのような事実はありません。

小林聖太郎さんのツイッターを見ると、最近もツイートがあります。(ほとんどほかの人のリツイートですが。)

休止などと言われている理由はよくわかりませんが、映画「マエストロ!」で、小林聖太郎さんが監督をされたとき、出演者の西田敏行さんが「2回ほど殺意を抱いた」と言っていたという話はありますが、この情報とはあまり関係はないでしょうかね。

上岡龍太郎さんは、「私は、芸能生活40周年を迎える2000年の春になったら完全に隠居する!」と宣言し、芸能界を引退されているようです。

しかし、数多くのヒット作を創出している小林聖太郎さんは今後もどのような作品を生み出すのか楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする