石毛宏典には息子がいるの?球団から永久追放された?現在どうしてる?

こんにちは、今回は石毛宏典さんについて記事にしていきたいと思います。

石毛宏典について

まずは石毛宏典さんのプロフィールから簡単にご紹介します。

石毛宏典:1956年9月22日生まれ

野球指導者・野球解説者・城西国際大学客員教授で元プロ野球選手

(内野手)・監督・実業家・プロ野球独立リーグ運営者。

愛称はミスターレオ、ハチ。

引用:石毛宏典とは – Weblio辞書

スポンサーリンク

1966年に福岡ダイエーホークスで現役を引退した後に、同球団の二軍監督・オリックスブルーウェーブの監督などを経て、2004年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)を創設。

2009年創設の関西独立リーグでも、最高顧問を務めた。

引用:石毛宏典 – Wikipedia

ドラフト1位で西武に入り、代表的な内野手として大活躍されていた石毛さん。

本記事ではそんな石毛宏典さんの数々の疑問や噂について記していこうと思います。

石毛宏典には息子がいるの?

この投稿をInstagramで見る

#宣伝用にフライング #石毛宏典 #レジェンドベースボール倶楽部 #チームフルスイング

Wataru Tonegawaさん(@teamfullswing)がシェアした投稿 –

元プロ野球選手であり野球指導者や解説者としても活躍されている石毛宏典ですが

そんな彼のプライベートについて、、気になりますよね?

結婚はしているのか?そして子供はいるのか?

それでは、「石毛宏典に息子はいるのか?」についてこれから記していきたいと思います。

まず気になる結婚についてですが、

元プロ野球選手として活躍していた石毛宏典ですが、才能のある人物はどこか偏っているものですよね。

石毛宏典の場合、結婚と離婚の回数がヤバいのです。

というのも石毛宏典は3回結婚して離婚されています。

「子供と嫁が大事!」とインタビューで答えていたこともあるので、人を大切にしていない性格ではないと思うのですが、続かないのですね。

石毛さん本人も、「長続きしない、物事をはっきりさせすぎる。

それが野球人生でも家庭でも出ちゃっているかなぁ」と発言しています。

引用:石毛宏典の子供・息子&娘まとめ。人間性や性格が酷い?現在について

3回・・と正直驚いていしまいましたが、夫婦とはいえ人と人ですし、円満かと思いきや突然・・・

ということもありますよね。

ニュースを見ていると芸能人やスポーツ選手は結婚離婚を返す方も多いように思いますが、なかでも石毛宏典さんは派手な方ですね。

この投稿をInstagramで見る

最後に試合前の写真を1枚。 青く燃える闘志が見えるような気がしました。 #辻発彦 #石毛宏典 #埼玉西武ライオンズ 2017.7.4 東京ドーム

さん(@yuzuyuzuco777)がシェアした投稿 –

それでは本題にもあります「石毛宏典に息子はいるのか?」についてですが、

石毛さんは結婚と離婚を3回繰り返しているため、情報が錯綜していますが、どうやら6人の子供さんがいるようです。

2009年には「2人の子供」

2012年には「3人の子供」

という発言があることからそう言われておりますが、離婚した元奥さんが育てている子供もいて、合計6人なのでしょうか。

引用:石毛宏典の子供・息子&娘まとめ。人間性や性格が酷い?現在について

と、真相ははっきりしていないようですが、「石毛宏典に息子はいるのか?」ということに関しては、「石毛宏典には息子はいる。」という答えで間違いはなさそうです。

3回も結婚、離婚を繰り返している石毛さんですので、子供が6人いると言われてもおかしくないですよね。

石毛宏典は球団から永久追放された?

この投稿をInstagramで見る

【Today’s results】 . Memorial report📝 5/1(水) ▼1部リーグ戦 第2試合 駒澤大0-3東洋大 . 本日の掲載写真📸 東洋大・村上頌樹(智辯学園高)が駒大打線を封じ、令和初の完封勝利を収めました。 . 第2試合の始球式は当連盟所属の駒澤大OB・石毛宏典さん(西武ライオンズ-福岡ダイエーホークス)に務めていただきました。 昭和、平成とプロ野球界で活躍された大先輩。 大学時代と同じ「背番号8」をつけていただきました。 選手だけでなく、観客の皆様も幼き頃の思い出を振り返る瞬間となったのではないでしょうか。 . #東都大学野球連盟 #東都リーグベースボール #東都リーグ #東都 #戦国東都 #野球 #大学野球 #東洋大学 #駒澤大学 #始球式 #石毛宏典 さん #市立銚子高校 #西武ライオンズ #福岡ダイエーホークス

スポンサーリンク

一般財団法人 東都大学野球連盟さん(@tohto_league_baseball)がシェアした投稿 –

球団から永久追放・・?どこからそのような噂が広まったのか?

気になるその真相についてこれから記していきたいと思います。

「球団から永久追放」という情報はどこにもありませんが、

2001年にオリックスブルーウェーブ監督に就任しましたが、正式発表前にNHKにメジャーリーグのポストシーズン解説を依頼され、断るためやむなく就任を打ち明けたところNHKニュースで、報道されることになり、こうなっては仕方がないと、スポニチにも監督打診の話を打ち明けた。

これが「内部機密を外に漏らすようなやつは信用ならん」とオーナーの宮内義彦の不興を買い、石毛も反発して「この話、白紙に戻しましょうや」と応じた。

結局NHKとスポニチに事前報道しないよう依頼し、いずれも自粛した。

最終的に監督就任は実現したがなかなか成績が振るわず、2年後に解任されている

引用:真の戦犯は誰だ?21世紀プロ野球監督、悲しみの途中解任劇

とあるように、決して「永久追放された」というわけではありませんが、こういった球団との信頼関係や人間関係のトラブルが起こってしまったことからそのような噂が流れてしまったのではないか・・?と思います。

石毛宏典が永久追放された理由は性格?人間性?

先ほども記した通り、「石毛宏典が球団から永久追放された」という情報はありませんが、

石毛宏典は二軍監督時代、スタメンをあみだくじやジャンケンで決めていた

さまざまな打順を経験させることで、たとえば二軍で主砲であっても、一軍でバントを命じられて失敗しないようにといった狙いがあった。

また、二軍に戻された選手が、次に調子が上がってきたと進言しても、「いや、そいつはもういい、もうわかっているから」となかなか再度のチャンスは与えられなかった

ちなみに解任になった原因はスタメン選びではなく、球団の管理部長にダイエーの強化策について聞かれ、進言した内容にあったという。

「(西部では)根本さん(西部管理部長→ダイエー専務)が、まず素材のいい人間を集めた。これはある面では編成の仕事だ」

という部分が、ダイエーの選手、あるいはスカウトに対する批判と受け取られ、球団側の怒りを買ってしまったという。

引用:石毛宏典 – Wikipedia

このように、石毛さんの行動や言動によって、球団側の怒りを買ってしまうこともあったため、球団から永久追放されたわけではありませんが、このように球団とトラブルが起きてしまう原因は、石毛さんの性格にもあるように考えられますね。

石毛宏典は現在どうしてる?

石毛宏典さんの数々の疑問について記してきましたが、そんな石毛さんの現在は?気になりますよね。

2014年6月1日付で、千葉商科大学付属高等学校硬式野球部のテクニカルアドバイザーに就任。

引用:石毛宏典 – Wikipedia

とのこと!!

元プロ野球選手で大活躍されていた石毛さんがなぜ高校野球?とネットで話題にもなっていたようですね。

千葉商科大学付属高等学校硬式野球部は、駒澤大学時代の石毛さんの2年後輩、染谷希一さんが監督を務めているようで、その縁もあってなのでしょうか?

NPB球団の監督経験者が母校以外の高校で、本格的に野球を指導するのは石毛宏典さんが初めてとのこと。

どんな高校野球になっていくのか、これからの活躍にも注目していきたいです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする