吉田鋼太郎の息子は早稲田出身?家族構成や若い頃の画像。

今回は俳優の吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)さんについてみていきましょう。

吉田鋼太郎の息子は早稲田出身?

還暦目前ながら、数々のドラマに出演しており、幅広い年代のファンを獲得している吉田鋼太郎さん。

真面目な役からおちゃらけた役までこなす実力派俳優で、シェイクスピアやギリシア悲劇などにも出演しており、蜷川幸雄作品の常連でもあります。

そんな吉田鋼太郎さんの私生活では、2016年1月1日に一般人女性と結婚したことを発表しています。

そして、吉田鋼太郎さんには息子がいますが、今の奥さんとの間にできた子どもではありません。

なんと吉田鋼太郎さんは3回の離婚歴があり、息子さんは2人目の奥さんとの間にできたお子さんでした。

息子さんはすでに成人している年齢ですが、早稲田大学出身との情報がありました。

スポンサーリンク

僕もね、大学生の息子がいるんですが、一浪して希望の大学に入ったんです。

でも現役のときに大学を全部落ちたと聞いた時は、本当にがっかりしてしまって、怒ったんです。

「吉田家には浪人したやつはいない!」くらいの、めちゃくちゃ偏見に満ちた、めちゃくちゃ自分よりの、しかも吉田家、「家(け)」を出しちゃうというね(笑)。

息子はそこから火が着いちゃったみたいで、バカと言われたことが悔しくて、勉強して、それで早稲田に受かったんです

吉田鋼太郎さんに怒られたことで火がついて、見事早稲田大学に合格したようですね。

吉田鋼太郎の結婚した嫁は銀座のママ?

吉田鋼太郎さんが再婚した相手は関西出身で、ショートヘアのスレンダー美女だそうです。

お相手は34歳、まさかの22歳も年下の女性になります。

2015年9月に知人が主催するパーティーで出会い、交際に発展しました。

12月上旬に吉田がプロポーズして結婚を決め、今年1月1日、都内の区役所に2人で婚姻届を提出した。

本格的な同居はこれから。

挙式・披露宴の予定はなく、女性は妊娠していない。

気になる吉田さんの結婚相手は、吉田さんが足しげく通っていた銀座のクラブのママなんだとか。

ネット上では、銀座にある『藍』というお店の、“優希ママ”ではないかと噂されています。

ちなみにこのお店の名前は『あい』ではなく『らん』と読むらしく、昨年でオープン10周年を迎えた、歴史ある高級クラブのようです。

吉田鋼太郎さんさんはこの“優希ママ”のいるお店に通いつめ、ハートを射止めたというわけですね。

俳優仲間が多いことでも知られる吉田鋼太郎さんは、このお店に後輩俳優の小栗旬さんや、藤原竜也さんを呼び出していたそうです。

スポンサーリンク

その努力の甲斐あって、交際から2ヶ月というスピード結婚を成し遂げています。

吉田鋼太郎の家族構成について

吉田鋼太郎さんはその結婚歴もすごいことで有名で、今回の結婚で4回目になります。

今までに3回結婚と離婚を繰り返しているわけですが、相手はどんな女性だったのでしょうか。

1人目の妻

まず1人目は、吉田鋼太郎さんがまだ20歳のときで、一般女性だそうです。

このときは入籍はしておらず、事実婚だったことが判明しています。

2人は婚姻届を出すところまでいったようですが、直前に揉めてしまい、彼女を引き止めようとしたものの出て行かれてしまい、そのまま別れることになったようです。

破局の理由として吉田鋼太郎さんは、「忙しさからくる愚痴を聞いて欲しいと思ってしまうため」と話しているようです。

つまり、正式な結婚は2回だけのようですね。

2人目の妻

1人目の女性とは事実婚でしたが、2人目のお相手はしっかり籍を入れたそうです。

法律的に最初の妻となったこの方も一般人で、その奥さんとの間に第一子となる男の子を授かりました。

しかし、息子さんが2歳のときに奥さんは家を出て行ってしまいました

原因は、吉田鋼太郎さんの酒癖と女癖の悪さです。

ある日吉田鋼太郎さんが家に帰ると、幼かった息子さんとともに家財道具一式を持って家出されたようで、その後離婚に至っています。

この女性とは離婚後も一緒に食事をしたり、友達のような関係が続いているようです!

3人目の妻

3人目の奥さんについての情報は一切出ておらず、一般人女性だと思われます。

離婚の理由についても不明ですが、今までの吉田さんの行動から考えるに、お酒や女性関係が原因と考えてしまいますね。

しかしこのときの奥さんは、吉田鋼太郎さんの母親のお葬式に駆けつけてくれたという話があるので、もしかしたら離婚後もまだ会っているのかもしれませんね。

これだけモテる吉田鋼太郎さんですから、また再婚なんてことにならないといいですね・・・

吉田鋼太郎の若い頃の画像

大阪で生まれ育った吉田鋼太郎さんは、劇団出身の本格派俳優です。

役者を目指したきっかけは、高校生の頃に劇団雲のシェイクスピアを観劇したことだそうです。

上智大学文学部に進学した吉田鋼太郎さんはシェイクスピア研究会に所属。

その後大学は中退し役者の道を志すようになります。

昔の画像を見てみると、渋みのあるイケメンでとてもかっこ良いですよね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする