立川志の輔の息子・竹内順平は梅干しを販売してる?松本人志も評価した?

落語家、立川志の輔さんとその息子さんについて調べてみました!

息子さんは落語をやっておらず、意外な商売をしているようですよ!

立川志の輔について

立川志の輔さんは、富山県出身の落語家さんです。

「たちかわしのすけ」と読む方が多いですが、正しくは「たてかわ しのすけ」と読みます。

1954年生まれで、現在は64歳になりますね。

落語を始める前はサラリーマンだったそうで、落語家になるために立川談之助さんのアドバイスを煽ったそうです。

「落語家になりたい」と思いサラリーマンを辞めた時期には、故郷の新湊高校で同級生だった女性と結婚をしており、落語家への転職を半年近く悩み、大学の同級生で落研でも一緒だった立川談之助(すでに談志に入門していた)に相談し、「弟子入りはどうやってするのか?」などのアドバイスを受け落語家になる事を決意をする。

落語家になろう!と決めたときには結婚もしていたのですね。

個人的な意見としては、奥様がよく許したな…という感じです。

スポンサーリンク

時代もそうなのかもしれないですが、現在で「落語やりたいから会社辞めるわ!」とか言われたら、頭が痛くなってしまいそうなものですが…。

ですが奥方のこのような心の広さがないと、何かを始めることや、ましてや何かで成功することはできないのでしょう。

立川志の輔の息子は竹内順平。

立川志の輔さんの息子さんは、竹内順平さんといいます。

ほがらかな顔つきのせいでよく「眠たそうだね」と言われるそう。

さらにおしゃべりが大好きなせいで「話が長い」と言われることもあるとか。

ほわんとした柔らかい雰囲気のせいか、話が長いのも眠たそうなのも、なんだか癒しポイントな気がします。

ちなみに竹内さんのプロフィールはこちら。

名前 竹内順平(たけうち じゅんぺい)

生年月日 1989年10月17日

出身 東京都

大学 玉川大学芸術学部PA学科卒業

竹内さんは大学卒業後は株式会社東京糸井重里事務所でアルバイトをしていたそうです。

その後、2014年4月1日に会社名BanbooCutを設立しています。

バンブーカット、という名前は竹内さんの「竹」と共同経営の相方さんの頭文字「切」を取ったそう。

イベントの企画、食料品の新商品の開発、販売などを行う会社だそうです。

立川志の輔の息子・竹内順平は梅干しを販売してる?

スポンサーリンク

竹内順平さんの会社、バンブーカットでは梅干しを販売しています。

立川志の輔の息子で竹内順平さんが紹介している梅干しは、期間限定でオープンしている「立ち食い梅干し屋」や竹内順平さんの会社で、会社名「バンブーカット」のHPから購入できるようです。

立ち食い梅干し屋さんは今年のはじめ、スカイツリーのソラマチで期間限定で開かれていたそうで、現在は行っていません。

ですがHPから梅干しを購入できるようですね。

竹内さんの会社のHPで販売されている梅干しは、次の種類です。

すっぱい梅

杉田梅

石川一号

三年梅

なちゅら

あまくち

こんぶ

キムチ

焼き梅

燻製梅

はちみつ

生姜はちみつ梅

オリーブオイル漬

しらら

備え梅

はちみつ、すっぱい、甘口くらいはなんとなく予想がつきますが、オリーブオイルキムチ、昆布などはどんなものなのでしょう。

とくにオリーブオイルは自宅でもちょっと試せそうですが…やはり売り物とはわけが違うのでしょうね。

ちなみに竹内さんが立ち食いの「梅干し展」を企画したのには、こんな理由があるそうです。

竹内さんが「梅干し展」を企画した。

きっかけは、

すっぱい顔をしている無防備さって素敵!

からきたそうです。

酸っぱいときの顔の無防備さはどんな人でも平等になるのと、すっぱいしか考えていないという純粋さだそうです。

竹内さんは、梅干しの味だけではなく梅干しを食べた時の表情などにも魅力を感じてます。

たしかに…w

酸っぱい時に「酸っぱい!!」以外のことって考えられないですよね。

どんな怖いおじさんでも、梅干しを食べればすっぱい顔になるもの。

そんなこと考えたこともありませんでしたが、やはり何かを始める人というのは人と違う着眼点を持っているものですね。

立川志の輔の落語は松本人志も評価?

日本を代表するお笑い芸人、ダウンタウンの松本人志さんが実は立川志の輔さんの大ファンだそう。

ダウンタウン松本人志が30日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、故桂枝雀さんと、立川志の輔の落語をどちらか毎晩聞いていることを明かした。

松本は志の輔についてかねて「別格」と絶賛していた。

毎晩聞くとは…子守唄がわりということですね。

たしかに立川さんの語り口は妙に引き込まれるものがあります。

芸人と落語家という、似ているようで違うサークルの中にいるからこそ、魅かれるものもあるのでしょうか。

ですが番組内で、松本さんは立川さんを「会いたくない人物」ともあげているそう。

矛盾しているようですが…その理由がこちらです。

志の輔に会いたくない理由について松本は「お笑いという一つのくくりにはなるけれど…ある意味、一番、相まみえない人と思うから。

変に会ったら…嫌われたくもないし」と言葉を選びながら説明を試みた。

坂上忍が、それだけ志の輔をすごいと思っているのかを尋ねると松本はうなずいた。

どうやら尊敬していることには間違いないようですね。

尊敬しすぎているからこそ、嫌われたくない、緊張してしまうから会いたくない、ということなのでしょう。

なんだか松本さんの可愛らしい一面を見た気がします。

立川志の輔さん、立川さんの息子の竹内順平さんの記事については以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする