佐藤b作の息子は佐藤銀平。現在や死亡の噂について。

今回は佐藤b作さんについて調べてみました。

佐藤b作の息子は佐藤銀平。

佐藤B作さんといえば、気さくな笑顔がトレードマーク。

確かな演技力で、演技派俳優の座を不動とし、現在も息の長い活動を続けています。

福島県福島市出身の佐藤B作は、1949年2月13日生まれの69歳。

劇団「東京ヴォードヴィルショー」の主催者でもあります。

本名は、佐藤俊夫(さとうとしお)で、芸名である佐藤B作の由来は、元総理大臣の佐藤栄作で、「A作に対抗してB作とした」のだとか。

それにつられたのか、外国切手では、佐藤栄作を「Bsaku Sato」と誤表記したことがあったようです。

本名「佐藤俊夫」も、「砂糖と塩」にかけたダジャレで父親が命名したといいますから、ほとんど冗談の領域ですね。

いつもにこやなが笑顔が印象的な佐藤B作さんですが、息子さんがいらっしゃるようです。

スポンサーリンク

息子さんの事を含め、佐藤B作さんのプライベートについて色々と調べて見たところ、佐藤B作さんの息子さんは佐藤銀平さんだとわかりました。

名前:佐藤 銀平 (さとう ぎんぺい)

生年月日:1977年10月19日 (41歳)

出生地:東京都

職業:俳優 声優

佐藤B作さんの息子、佐藤銀平さんは学習院高等科を卒業し学習院大学へ進学されたようです。

しかし、学習院大学を中退されていることがわかりました。

中退後、テンスペンデッズという劇団を設立されたようです。

2000年から芸能活動を開始され、デビュー作は2003年のテレビドラマ「世直し公務員ザ・公証人」という作品のようです。

お父さんの佐藤B作さんも結婚と離婚の経験があるようですが、息子さんの佐藤銀平さんにも同様の経験があるようだということがわかりました。

離婚歴があり、お子さんも2人いるようです。

離婚原因がどうやらお父さんの佐藤B作さんと同様、女性関係で離婚をされたという情報です。

実際のところは、当人同士にしはわからないとは思いますが、親子揃って離婚理由が同じとは少し驚いてしまいますね。

佐藤b作の現在の活動について

佐藤B作さんの現在の活動について調べていると、どうやら以前がんと診断され手術を受けておられた経験があるということがわかりました。

2007年12月に、健康診断で病気と診断されたようです。

スポンサーリンク

その病気というのが初期の胃がんだったそうです。

その後、2008年5月に胃の2/3を摘出する手術を行ったそうです。

そして2009年には食道ガンへの転移が発覚し、再度手術を受けられました。

その後2010年には出演中だった舞台を体調不良を理由に降板されたようです。

この時も胃に腫瘍がみられ合計で3回手術をされたそうです。

きっかけは、舞台で共演した故・中村勘三郎に「ちゃんと定期健診受けてる?」と促され、2007年末に人間ドックを2年ぶりに予約したこと。

そしていざ診断を受けてみたら、なんと予想外の胃がんが発覚。

当時、佐藤B作にはがんを患った親族はおらず、本人にも自覚症状はなかったそうです。血圧には気を配っており、「酒もごはんもうまい。

信じられなかった」と体調も良好。

その後は腫瘍も消え、大丈夫と信じ込んでいた佐藤B作でした。

しかし、翌2008年2月に、舞台公演で札幌にいた佐藤B作の元を訪れた医師が「腫瘍は消えてはいない。

広がり具合は分からないが、すぐに手術が必要」と勧告。

しかし、当時の佐藤B作は、主宰する「東京ヴォードヴィルショー」の地方公演を抱える身であり、2か月半の公演に穴を開けるわけにはいきませんでした。

そのため、舞台千秋楽後まで入院延期を決めたそうです。

佐藤B作、自覚症状はなかった?計3回のがん手術による治療方法で余命宣告もなく舞台活動こなす。

体調が安定しない中にも、舞台など精力的に活動しておられる様子が伺えます。

現在の佐藤B作の予後は、幸いにも余命宣告には至っていないようで体調も安定していおられるのだと思います。

順調に舞台活動をこなしておられるようですので、このまま無理せず体調の許す限り頑張って笑顔で活動を継続してもらいたいですね。

佐藤b作に死亡の噂が?

佐藤B作さんと調べると死亡というキーワードがヒットします。

世の中には様々な都市伝説やただの噂というものが沢山あります。

一方で火のないところに煙は立たないとも言いますので、 佐藤B作 、「死亡」のキーワードについてすこし気になって調べて見ました。

佐藤B作についてのwikipediaのページを確認したところ、死亡に関する記載は一切ありませんでした。

次に、佐藤B作と死亡の関係を各メディアの記事から調べましたが、これもやはり関連のある物が見つかりませんでした。

恐らくがんという診断が出たことにより、死亡という情報が流れたのではないでしょうか。

今も舞台などで活躍しておられますので、体調には気をつけて、あの笑顔を私たちに届け続けて欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする