太田幸司の息子は甲子園で活躍?画像あり?ハーフの噂について。

元イケメンプロ野球選手でもあった太田幸司さん、彼の息子さんやプライベートについてまとめました。

太田幸司について

まずは太田幸司さんのプロフィールをざっくりご紹介。

太田幸司さんは1952年生まれで、現在は66歳。

青森県三沢市出身で、元プロ野球選手(投手)として活躍していました。

現在は野球解説者やスポーツキャスターとして名前を見かけることが多いですね。

プロ入りする時のドラフトで、太田選手は後にも先にもないものすごい高待遇ぶりだったそう。

同年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団。

近鉄球団も、指名の挨拶に佐伯勇オーナー自らが向かうなど最大限の敬意を払って迎えたという。

太田は入団発表のため、青森から大阪まで列車を乗り継いで向かった。

スポンサーリンク

近鉄の球団広報担当者は報道陣に現在地点などを随時報告していたがその口調が「太田君は、只今名古屋にお着きになられました」とまるで皇族の様な扱いであったため、報道陣の仲間内ではしばらくの間太田を「殿下」と呼んでいたという。

これはとまどいますね。

本人は嫌だったんじゃないでしょうか、マスコミが自分を「殿下w」とネタにしてを扱うのは。

その後も太田選手フィーバーは続きます。

人気はプロ入り後も全く衰えることはなかった。

開幕一軍メンバーに抜擢されたがこの決定に「二軍でみっちり体を作ってから一軍にあがるつもりだったのに…」と当惑。

以降もこの状況が続き悩んでいたという。

今だったらあまり考えられない状況が続いたんですね…。

チーム側は良かれと思ってのことだったのでしょうか、結果、太田選手の悩みのタネになってしまいました。

そしてそんな状態で実力も思うように伸びず…

高校までは、やればやるほど結果が出た。

これほど楽しい野球人生はなかったけど、プロに入ってからは、落ちる一方と言うとおかしいけど、何をやってもうまくいかんかった。

多少は環境のせいもあったでしょうね。

しかしその後、不屈の精神で何度でも立ち上がった太田選手。

プロでは苦しい思い出しかないけど、それでも僕を支えたのは、高校時代に頑張れたこと『あれだけ甲子園で頑張れた太田幸司が何やねん』と言われるのが嫌で必死になったこと。

この2つです。

若い頃の苦労は買ってでもしろ、というように、学生時代の経験がプロになってからの自分を支えたのですね。

歯を食いしばって頑張ってきたから、今の太田幸司さんがあるのでしょう。

スポンサーリンク

太田幸司の息子は甲子園で活躍?画像あり?

太田幸司さんには息子と娘さんがいます。

そのうちの息子さんが、太田幸樹さんといいます。

実は彼、甲子園でも活躍した選手なのです!

太田幸樹(おおた・こうき)1995年(平7)10月12日、兵庫県生まれの17歳。

売布小3年時に「売布ファイターズ」で野球を始め主に遊撃でプレー。

宝塚中で「宝塚シニア」に所属。

50メートル6秒4、遠投90メートル。

将来の夢はプロ野球選手。

1メートル67、60キロ、右投げ右打ち。

父を目指して、将来の夢は当然プロ野球選手。

彼の甲子園出場の際に、太田幸司さんはこんなコメントを残しています。

▼太田幸司氏 ここまで来るのが大変。

強いだけじゃ甲子園には出られないからね。

甲子園では楽しんで一生懸命プレーしてくれればいいですよ。

もちろん、日程が合えば応援に行きます。

強いだけじゃ甲子園には出られない…重みのある言葉ですね。

体調、チームメイトとの信頼、運、その日の天候など様々なものが折り重なって、甲子園の扉は開くのでしょう。

息子さんは現在23歳。

大学も卒業しているころですが、進路はどうなったのでしょうか…

野球はどこまで続けるのか、気になるところですね!

太田幸司はハーフなの?

太田幸司さんがハーフなのかどうか、気になる人が多いようですが、アメリカ人と日本人のハーフです。

あの整った顔はハーフならではだったのですね。

アメリカ軍人男性と青森市の日本人女性との間に生まれたといわれる。

3歳のとき三沢基地の軍属をしていた日本人男性と白系ロシア人女性の夫妻の養子となり、一人っ子として育つ。

養母に関しては、ラジオ番組の中でスラヴ人ではなくフランス人の子孫だと明かしている。

なんかちょっと複雑そうですね…米兵と日本人の間に生まれたのに、まったく違う夫婦の養子に…?

混血ゆえ、薄茶色の髪に色白で端正な顔立ちの美少年で、選抜大会出場後から女性ファンが周囲に姿を見せるようになった。

さらにこの決勝戦の熱投も加わり、「コーちゃん」という愛称で女子高生などに絶大な人気を呼んだ。

それ以前には特定の高校野球選手に社会現象に近いような形で女性ファンが集まったことはなく、「甲子園球児のアイドル」の元祖と呼べる存在である。

やはり女性人気を集めるのは顔!w

王子様のような容姿の太田さんが汗を流してプレイする姿に、胸を打たれない若い女の子はいなかったのでしょう。

太田幸司さんの記事は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする