中井貴一には息子がいるの?父親は佐田啓二で映画俳優。姉は中井貴恵。

俳優・中井貴一さんには息子がいるのでしょうか?

父親や姉についても調べてみました。

中井貴一には息子がいるの?

1961年9月18日生まれ、東京都出身。A型。

成蹊大学在学中、映画『連合艦隊』への出演でデビューし、『日本アカデミー賞』新人賞を受賞。

大作や話題作に出演するなか、TBS系ドラマ『ふぞろいの林檎たち』シリーズがヒット。

NHK大河ドラマ『武田信玄』では高視聴率を記録する。

映画『四十七人の刺客』など4本で、『日本アカデミー賞』最優秀主演男優賞など多数の賞を獲得。

スポンサーリンク

日中合作映画『鳳凰 わが愛』ではプロデュースも務めた。

引用:中井貴一のプロフィール | ORICON NEWS

映画で数々の作品を残していますね。

個人的には、「ミキプルーン」のCMが印象的です。

そして中井さんは、2000年9月18日に外資系に勤めていた一般女性と結婚しています。

5歳年下の麻友子さんというい方らしいです。

出典:中井貴一の父,嫁(妻)子供,姉の現在,画像は?

美人な方ですね~!!とってもお似合いです。

麻友子さんは現在もお仕事を続けており、中井さんにとっては、良きパートナーという関係と語られていました。

麻友子さんは、中井貴一さんの友人の勤務先の同僚で、2年の交際を経ての結婚。

中井さんが、麻友子さんとの結婚を決意されたのは、立ち食いそばを一緒に食べたことが、ひとつのきっかけだったそうです。

付き合って間もない頃、ハードな撮影が続き、疲れがピークに達していた中井さんは、まだ3回目のデートだったにも関わらず、学生時代からの行きつけの立ち食いそば屋に、麻友子さんを誘ったそうです。

中井さんは、その時のことを、『いいところがあるんだけど』って言って誘ったんです。

そしたら『うん、いいよ』って。

初めてだったみたいですけど『おいしいね』って言って食べてくれたんです。

これならやっていけるなって(笑)と振り返ったそうです。

引用:中井貴一!父は?妻は?子どもは?

なんだか微笑ましいですね~素朴なデートもいいですね(笑)

そして、もう一つ、結婚を決意される、大きな理由がありました。

それは、中井さんのお父さんが、37歳で亡くなっていることから、中井さんも、子どもの頃から、自分も37歳で死ぬ、と思いながら生きてこられた為、
結婚されなかったそうですが、38歳を迎えた誕生日で、麻友子さんが友達を招いてパーティをしてくれ、「よかったね、生きれて」と言ってくれたそうです。

そこで、中井さんは、38歳を乗り越えた39歳の誕生日に、麻友子さんと結婚式を挙げられたのでした。

引用:中井貴一!父は?妻は?子どもは?

麻友子さんの一言で結婚に繋がったんですね。

お父さんの死後を乗り越えさせてくれるような救いの言葉で、中井さんも嬉しかったでしょうね。

気になるお子さんの情報ですが、調べても何も出てこなかったです。

おそらくお子さんはいらっしゃらないかと思われます。

麻友子さんと2人の時間を楽しんでいることと思います。

中井貴一の父親は佐田啓二で映画俳優

中井貴一さんの父親である佐田啓二さんも俳優さんです!!

1940年代後半から1960年代にかけて活躍した日本の俳優。

佐田さんが映画俳優として出演した作品は、全132作だそうです。

代表作 「お早よう」「秋刀魚の味」「秋日和」などがあります。

中井貴一の父親・佐田啓二の死因は交通事故

佐田啓二さんは、交通事故死なのでしょうか…。

奥さんと夏休みも兼ねて、別荘に訪れていた帰りに交通事故で享年37歳という若さでこの世を去っています。

東京へ帰る途中、前方の車を追い越そうとした際に、橋に衝突し、さらに暴走して乗用車へも追突する事故だったようです。

佐田啓二さんは頭の骨と右腕を骨折し、1964年8月17日に亡くなられました。

息子である中井貴一さんが2歳の時に、お父さんが亡くなってしまったということもありますが、お父さんと同じ俳優の道に進んだ中井貴一さん。

その面影を中井貴一さんから見ることができます。

佐田啓二さんの妻である女優の中井益子さんはその時、車には乗っていませんでした。

スポンサーリンク

ただその中井益子さんも2016年2月下旬に享年87歳で亡くなっています。

引用:佐田啓二が事故のとき妻は?息子が似てきた!「君の名は」に主演したイケメン俳優を調査!

出典:【今日は何の日】佐田啓二が交通事故死

写真を見ても痛ましいですね…事故死というのは事実でした。

ご冥福をお祈りします。

中井貴一の姉は中井貴恵

中井貴一さんは、中井貴恵さんという姉がいらっしゃいます。

この投稿をInstagramで見る

あんとあん #あん #中井貴恵 #河瀬直美 #早稲田大学

チュウ ソン、、さん(@chyu_son)がシェアした投稿 –

日本の女優、エッセイスト。

本名・中沢貴恵子。身長166cm。

田園調布雙葉中学校・高等学校、早稲田大学卒業。芸名「貴恵」の名付け親は木下惠介。

文学部在学中の78年に市川崑監督の映画『女王蜂』のヒロインデビュー、数々の新人賞を受賞。

82年、『制覇』で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、以後『人生劇場』、『悲しい気分でジョーク』などに出演。

著書に『貴恵ニューイングランド物語』、『父の贈りもの』、『娘から娘へ』、『ピリカコタン~北の大地からのラブレター~』など。

NHK『連想ゲーム』で見せた嫌味のない利発さが話題を呼び、幅広い人気を博す。

以後もテレビドラマ、CMに多数出演。

数々のエッセイを出版、執筆活動も精力的に行う。

又、新聞などでエッセイやコラムを担当。

1998年「大人と子供のための読みきかせの会」を結成。

しかけたっぷりの大型絵本と生の音楽をつけた独特の読みきかせは大人気を博し、幼稚園、小学校や小児病棟などで行われる公演は年間100回にもおよぶ。

引用:中井貴恵はどんな人?Weblio辞書

女優に俳優と、親子そろってすごいですね。

姉の貴恵さんは、幅広く活躍をしていますね。

しかし急にテレビの世界から見かけることがなくなった中井貴恵さん。

実は結婚と共に女優を辞められたそうです。

しかも旦那さんの都合のためにアメリカに移住されてしばらくは日本から離れた生活をおくっておられました。

そんな中井貴恵さんには2人の娘さんがおられますよ。

以前は「娘から娘へ」というエッセイ本も出版されていました。

これには当時の育児奮闘記が記されているので、子育ての大変さというのがよくわかります。

引用:中井貴恵は中井貴一の姉!結婚して夫や子供いる?家族や今現在を紹介

結婚を機に女優を辞められたのですね。

数々の仕事をこなしてきた方ですからもったいない気もしますが…。

今は旦那さんと娘さんと幸せに暮らしているのでしょうか。

いかがでしたか。

今回は、中井貴一さん、貴恵さん、父の佐田啓二さんについてまとめてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする