マイケルジャクソンの息子の名前はプリンスで画像は?歌手なの?

キング・オブ・ポップのマイケルジャクソン!

彼の有名すぎる息子たちについて調べてみました!

マイケルジャクソンの息子(長男)の名前はプリンス・マイケル・ジャクソン II。画像は?

マイケルの息子といえば「プリンス」

プリンスは愛称だと思っている人も多いようですが、ちゃんとした名前の一部です。

プリンスの画像はこちら。

ぽっちゃり系の優しそうな男子に育ちましたね。

1997年2月13日生まれの21歳。

マイケル・ジャクソンが亡くなった時はまだ12歳でした。

スポンサーリンク

マイケル・ジャクソンと2番目の妻デビー・ロウとの子どもとされていました。

こちらが奥さんのデビーさん。

デボラ・ロウと表記されることもあります。

ちょっと似てますね。

マイケルジャクソンの息子(次男)の名前はマイケル・ジョセフ・ジャクソン II。画像は?

そしてマイケルの次男は「ブランケット」が愛称のジョセフ。

ちょっとアラブ系?の血が入ったような、エキゾチックな雰囲気が魅力的。

ブランケットの愛称で知られるマイケル・ジャクソンの末っ子は2002年2月21日生まれ。

代理母出産で授かったブランケットに関して母親についての情報は公開されていませんでした。

母親は非公開だとか。

ブランケットが一番最初に有名になったのはこのシーンです。

ブランケットが最初にメディアで有名になったのは、マイケル・ジャクソンが宿泊先のホテルのベランダから彼の足を持って吊るすような真似をしたことが大きくメディアに取り上げられたときです。

このシーンはマイケル・ジャクソンの奇行のひとつとして、多くの番組や芸能人がパロディー化するまでになりました。

その時の画像がこちら。

これ、確かマイケルはブランケットをメディアに見せるためにやったはず。

とはいえ、まだ乳児を高いベランダから…危ない!と世間が大騒ぎ。

マイケルに他意はないとはいえ、普通の感性だったらしない事ですよね。

この時マイケルは散々バッシングを受けてしまいました。

プリンスはマイケルの本当の子供じゃない?

実はプリンスはマイケルの本当の子供ではない!?という噂が。

マイケル・ジャクソンは、死の直前に「長男プリンスと長女パリスの実の父親は自分ではないと告白していた」と生前マイケルと親交のあったジェイソン・ファイファーが証言している。

スポンサーリンク

ジェイソンによれば、マイケルが死亡した2009年6月の数カ月前、プリンスとパリスはイギリスの俳優マーク・レスターとマイケルの元妻であるデビー・ロウの子供であり、代理出産で生まれた一番下のブランケットだけが自身と血の繋がった子供であると告白したという。

ジェイソンさんはマイケルと深く親交があった方だとか。

で、マークレスターさんとは誰なのか?

実は超有名俳優さんです。

優しそうな目元や表情がプリンスとちょっと似てるような?

映画「小さな恋のメロディ」であの美少年を演じ世界を虜にした天才子役が、なんとパリスの本当の父親と噂されるマーク・レスター。

小さな恋のメロディの美少年!

そう!マークさんの正体はこの子なのです!

レスターさんは「長い間、秘密だった」として、「マイケルが1996年に僕に精子の提供を望んだので承諾した。彼は本当に子供を欲しがっていた。金銭的な見返りは受け取っていない」と語った。

精子の採取は同年2月にロンドンのハーリー通りにある病院で行われたという。

その8カ月後にマイケルさんは、長男プリンス・マイケルくん、長女パリスさんとの生みの母であるデボラ・ロウさんと結婚。

3カ月後に夫妻は長男の誕生を明らかにし、パリスさんはそれから約1年後の98年4月に誕生した。

うーん…。

なんでこれを話したかっていうと、マークとマイケルと仲良しで家族の親交もあった→マイケル死後、マイケルの母が子供らの親権を取得。

するとマイケル母はマークと子供らの親交を断絶(実の親だから?)→マーク激怒!「子供の本当の父親は僕なのに!公表してやる!となったそう。

ですが本当に父親で子供たちを愛してるなら、もっと別の方法があったのでは?

マイケルの子供たちはマイケルを深く愛していたみたいだし、なんであえて傷つけるような事を言うのか…。

結局「死人に口なし」。

マイケルの死後だから、色々言っているだけなんじゃ…と疑われるのも至極当然のことです。

マイケルジャクソンの息子も歌手なの?

マイケルの子供たちに歌手だという噂が。

実はこれ、またまた第二のマークさんの仕業のよう!

31歳の歌手ブランドン・ハワードは、マイケル・ジャクソンさんの息子であるというDNA鑑定の結果が発表された。

はい。

マイケル息子=歌手ではなく、歌手=マイケル息子を主張していただけです。

検査に使われたマイケルさんのDNAは、ビバリーヒルズの歯科医ジョセフ・グッドマン氏がオークションで落札したマイケルさんの歯科用品から採取したものとのこと。

現地時間6日に行われた記者会見で、グッドマン氏はマイケルさんがブランドンの父親である確率は99.9パーセントであるというDNA鑑定結果が書かれた用紙をメディアに提示した。

ですがこちらに関しては、ブランドンさん自身が否定しているそう。

自分の知らないところで勝手にDNA鑑定をされ、ブランドンさんはもちろん、彼の両親も大激怒だとか。

父親からしたらたまったもんじゃないですよね…。

世界一のスターであるマイケルには色々な噂が絶えませんね。

マイケルの周りには、利己的な人間があまりに多かったのかもしれません…。

マイケルジャクソンさんの記事については以上となります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする