紺野美沙子の息子の大学はどこ?昔の画像や現在について。

今回は紺野美沙子さんについて調べてみました。

紺野美沙子の息子の大学はどこ?

【名前】:紺野美沙子

【読み方】:こんのみさこ

【出身地】:東京都狛江市

【生年月日】:1960年9月8日

【年齢】:58歳(2018年12月現在)

【星座】:乙女座

【血液型】:A

【趣味】:相撲観戦、手芸、茶道、写真

スポンサーリンク

【特技】:スキューバダイビング、スキー

【学歴】:慶應義塾大学文学部国文学科

【所属】: 朗読座

【デビュー】:1976年

【職業】:女優

紺野美沙子さんにはご子息がいらっしゃる様です。

ご子息の通っている学校について調べてみたのですが、セレブのご子息に多いのが、幼稚園から高校まで、一切受験のない「一貫教育を受けさせる」という選択です。

紺野美沙子さんも息子さんの教育先として、幼稚園から高校まで一貫教育される「森村学園」を選ばれたようです。

森村学園は横浜市緑区にあって、都会ではなく緑が多い落ち着いた地域でもあります。

この「森村学園」は高校までしかありませんので、大学に通うなら大学受験を通らなければなりません。

高校生まで一度も受験を経験していない人が、いきなり全国区の大学受験を受けるというのはハードルが高いとも思えますが、紺野美沙子さんのご子息はどこの大学に合格したのでしょうか?

ご子息の名前や画像は残念ながら非公開となっているのか見つけることができませんでしたが、大学の情報は少し見つけることができました。

調べたところ名門である慶應義塾大学に通っておられる様です。

紺野美沙子さん自身もかつて慶應義塾大学文学部国文学科卒業をしているので、息子さんにも母校を進めたのではないでしょうか。

お母様と同じ大学に通うなんて、母として嬉しかったでしょうね!

それにしても「森村学園」から「慶応義塾大学」を卒業だなんて、どんな素敵な方なのか気になりますね。

紺野美沙子の昔の画像

紺野美沙子さんを検索すると『若い頃グラビア』がよく検索されているみたいですね。

紺野美沙子さんの若い頃やグラビア画像はあるのでしょうか?

紺野美沙子さんの若い頃の画像をいくつか見つけました。

当時かなり人気があったでしょうね。

清潔感のある美少女という言葉がよく似合いますよね。

歳をとっても昔とあまり変わりないほど今もかわいいと思います。

スポンサーリンク

紺野美沙子の現在の活動について

TV:

2018年10月 フジテレビ「ネプリーグSP」

2018年8月  テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」

2018年7月  テレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」

ラジオ:

2018年10月 NHKラジオ(FM)「音楽遊覧飛行~映画音楽ワールドツアー~」

イベント(朗読会)

2018年10月 宮古市生涯学習市民講演会(岩手)

2018年11月 岐阜県図書館 紺野美沙子名誉館長 朗読会(岐阜)

2018年11月 新潟県立図書館秋の読書週間記念事業(新潟)

2018年12月 朗読座 in 藤枝 スマイルコンサート(静岡)

TV、ラジオ等のメディアへの出演、朗読会実施に力を入れているようです。

美貌だけでなく、高学歴で知性を兼ね備えた「紺野美沙子」さんらしい活動ですね!

ご本人のホームページの情報によりますと、

2010年に旗揚げした「朗読座」は日本語の美しさと言葉の持つ力を伝えること、そして皆さまに心穏やかなひとときをお届けしたいという想いから始めました。

「朗読座」という団体を立ち上げて、「朗読会」を行っているようですね。

立ち上げの理念が日本語の美しさと、心穏やかなひと時を提供したいとの思いからのようです。

SNSの普及によって、個人の情報発信力が一昔前と比べると各段に飛躍しております。

それに伴い、個性という名目で言葉の乱れが非常に目につきます。

SNSの普及によって、一昔前なら他人に知られなかった事が、一瞬で全世界に広がる環境となりました。

良い事でもあり、悪い事でもあります。悪い事の一つとしてはいつも監視されているような、閉塞感が考えられます。

そんな世の中の癒しとなることを目指されているのではないでしょうか。

知性が高く、慈愛に満ちた「紺野美沙子」さんらしい活動だと思います。

かなりの要職にも就任されているようで国連開発計画親善大使の任命を受け、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動しておられる様です。

著作に、親善大使として訪れた国や人々について綴った「ラララ親善大使」(小学館刊)があります。

紺野美沙子さんは、なぜこのような奉仕の心を持つようになったのでしょうか。

過去に受けたインタビューの内容によると、幼少期に受けた教育によるものと回答されています。

幼稚園から中学校までの間、カトリック系の学校に通われていて、その学校には、『奉仕活動の時間』という時間があったそうです。

知的で今でも可憐な紺野美沙子さん。

こんなお母さんがいらっしゃると、ご子息さんもさぞかし自慢なのではないでしょうか。

今後も素敵な女性、素敵な母として頑張ってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする