古谷一行の息子・Kjはdragon ashのボーカル。嫁がいるの?

デビューした当時からあまりにいかつい風貌でめちゃくちゃ怖かった印象の古谷一行さんの息子・KJ。

お嫁さんになったのがまさかあのグラビアアイドルだったとは…!?

2人の馴れ初めは一体どんなものだったのでしょうか??

俳優・古谷一行の息子・Kjの画像

古谷一行さんの子供について調べてみたところ、息子さんが一人いらっしゃるようです。

名前は降谷建志(ふるやけんじ)さん。

ロックバンドの「ドラゴンアッシュ(Dragon Ash)」でボーカルを担当されている方だそうです。

いかつい顔に両手のタトゥー

小学生の頃から先生達を困らせるほど、やんちゃだったと言われているのが、名俳優・古谷一行さんの息子・降谷建志さん、上の画像の男性です。

スポンサーリンク

古谷一行の息子・Kjの名前(本名)は降谷建志

本名:古谷建志
生年月日:1979年2月9日
出身地:東京都
職業:ミュージシャン・シンガーソングライター
活動期間:1995年~

ニックネームは KJ、フルネームは分からない方もいらっしゃるようですが本名は降谷建志さんです。

東京都出身。

1995年から歌手として活動、ラッパーのZeebraさんとコラボした曲がヒットするなど数々の成功を収めていらっしゃいます。

古谷一行の息子・Kjはバンド「dragon ash」のボーカル?

青山学院高等部中退後、通信制の高校を経て、17歳の時にドラゴンアッシュを結成し、グループの中心として活動されています。

現在では、揃活動もされているのだとか。

ロックバンドらしい髪型の影響かもしれませんが、父親の一行さんとはあまり似ていませんね笑。

あと、腕のタトゥーが半端ないです笑。

降谷建志さんはセレブおぼっちゃまとして、2世の子供がよく通う学校、青山学院高校に通っていましたが…。

おそらくやんちゃすぎて中退

その後、通信制の高校を経て17歳の時にDragon Ashというグループを結成します。

このメンバーとはかなり仲が良いようですが、最年長のメンバーがすでに他界するなど、心揺さぶる出来事が起こっています。

悲しい出来事もありましたが、現在も同じグループで活動されていらっしゃいます。

あまりに強面の風貌から、紅白歌合戦に出るようなグループとは行かないかもしれませんが…、東京の若者を中心にカリスマ的人気を誇っています。

実力も折り紙つき。

降谷建志さんは小柄ながら超迫力あるボーカルを披露しています。

古谷一行の息子・Kjが俳優という噂はデマ

ロックバンド・Dragon Ashのフロントマンとして、日本のロックシーンを牽引し続けてきたKjこと降谷建志(38)が、映画『アリーキャット』(7月15日公開)で窪塚洋介(38)とW主演を果たす。

古谷一行さんの息子・降谷建志さんが俳優をしているという噂があります。

今までその噂はデマだったはずだったのですが…。

実は2017年アリーキャットという作品で本当に俳優デビューしています。

イントロダクションを見てみましたが、たった2秒で心を掴まれたと言うかものすごく面白そうな雰囲気です。

↑にその映画のリンクを貼っておきましたので気になる方はどうぞご覧になってみてください。

降谷はかつて「音楽をやることじゃなく、バンドをやってることが楽しかったし、かっこいいと思ってた。

みんなでガチャガチャ音を出すのがゴールだった」と考えており、一人で活動することを頑なに拒否していた。

そんな固まった考えに風穴を開け、『八重の桜』で俳優に挑戦するきっかけになったのが、2011年の東日本大震災後、被災地域の復興に向け東北三陸沖沿岸にライブハウスの建設を目指すプロジェクト「東北ライブハウス大作戦」への参加だった。

降谷はこれまでバンドのフロントマンとして「作詞作曲を全部自分でやって、一人で防音スタジオに何十時間もこもって作業する」ことをやり続けてきた。

ずっと主体的に動いてきた彼が、多くの人から役割を求められ、それに演技で応えていく俳優を経験し「たくさんの人たちから、いろんな役割を要求されることが楽しいって思える。求められる喜びを知っちゃった」と、新たな価値観を発見した。

そして、彼にとって俳優とは特別な職業でもある。

長い間、俳優をすることに拒否反応を起こしていた降谷建志さんでしたが…。

周囲から俳優をしてみないかというオファーが絶えなかったようで、ついに窪塚洋介さん共演で俳優デビューを果たします。

「父親(古谷一行)の仕事でもあるから。

17歳まで俺を育ててくれた仕事でもあるから、人よりは俳優という仕事に対して尊敬の念は強いと思うんですよ。

その背中を見てきたから。

そんな仕事を、限られた時間ではあるけど垣間見られるのは、イイなと思いましたね」

そんな父親と昔から仲が良かったという俳優の火野正平と降谷と窪塚の3人のシーンが、本作の大きな見どころとなっているのも、何かの縁なのかもしれない。

カメラの回ってないところでは一緒にタバコを吸い、酒を酌み交わして交流を深めたというが、撮影が始まると“昭和の俳優”の凄みを味わったようだ。

ヤクザの幹部を演じる火野から「俺、映ってないところで思いっきりぶん殴られてますからね。

カメラが寄ってる逆から殴られて、『エッ!?』って驚いたけど、でもそれでスイッチを入れてもらったなって」。

お父様の古谷一行さんは超有名な俳優さんです。

父の背中を見てきた息子だけあって、中途半端に俳優をやるということが嫌だったのではないかと思われます。

火野正平さんからは俳優昭和の俳優の凄みを教わり、降谷建志さんは今後ますます俳優業にはまっていくのではないかと思われます。

古谷一行の息子・Kjは結婚した嫁は女優のMEGUMI

2008年7月7日にタレントのMEGUMIと結婚。

2009年2月6日に長男が誕生

才能あふれる降谷建志さんをゲットする女性は一体誰なのかと思っていたら…!!

2008年にタレントの恵と結婚、2009年の初めには長男が誕生したのでてっきりできちゃった結婚だったのかと思いましたが…!?

二人の馴れ初めやストーリーはそんな簡単なものではありませんでした。

KjとMEGUMIの馴れ初めはMEGUMIの一目ぼれ

スポンサーリンク

4月19日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に俳優の古谷一行(74)が出演し、息子のDragon Ash降谷建志(39)の妻・MEGUMI(36)について「元気の良い、すごく行動力のある嫁」と語った。

2人は2008年7月7日に入籍し、今年で結婚10周年を迎える。

妊娠を機に結婚した2人だが、2010年放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)にMEGUMIが出演した際、降谷建志の大親友であるフットボールアワー・岩尾望(42)がMEGUMIから逆プロポーズしたことを暴露

妊娠したことを降谷建志に告げる際「もうこれはわかってるよね?」と強気に出たことを語った。

古谷一行の言う通り、なかなかの行動力だが、それは2人が出会った時から常に変わっていないという。

めぐみさんと言えば豊満なボディに知的な顔。

私はてっきり降谷建志さんの方がMEGUMIさんのことを好きだったのかと思いましたが…。

実際はその逆!!

降谷建志さんに一目惚れしたMEGUMIさんが嫌がられても嫌がられても…アプローチを続けていたんだそうです。

そんな彼女の行動力には義理の父の古谷一行さんも驚いているようですね。

MEGUMIのKjへのアプローチが積極的過ぎると話題に

2月10日発売『GINZA』(マガジンハウス)の「岡村靖幸 結婚への道2nd Season」では、MEGUMIが降谷建志との馴れ初めを詳しく語っている。

2人の出会いは、MEGUMIが2005年7月18日に交通事故に遭い、恥骨を骨折して2週間ほど入院した時のこと。

入院中、院内のテレビに映ったDragon Ashの同年7月13日発売のシングル「夕凪Union」のMVを見て降谷建志に一目惚れし、すぐにライブへ行って、打ち上げにも勝手に参加。

そして、いきなり「電話番号教えてください」と声をかけたという。

これに降谷建志はドン引き。

その場で電話番号を教えてもらえなかったそうだが、こんなことでMEGUMIはめげない。

たまたま友人だった降谷建志のスタイリスト経由で連絡先を聞き出し、ドン引きされているにも関わらず、その日のうちに「今日のライブ素晴らしかったです」とメールを送り、降谷建志が風邪と聞いていたため「風邪、大丈夫ですか? 今から家に行きましょうか?」と猛アタック。

案の定「初対面で迷惑なんでいいです」とばっさり断られたそうだが、その後もたびたび食事に誘い、返信がないと「ご飯、いつにしましょうか」と催促のメールも送っていたという。

そのうちクリスマスが近づき、MEGUMIから2回ほど誘ってみたものの依然として無視されていたのだが、ある日、降谷建志から「みんなでクリスマスパーティやるので、よかったら来ませんか?」と連絡がきたという。

そして、そのパーティから同誌取材当日まで2人は毎日会っているそうだ。

何たるサクセスストーリーだ。

とはいえ、「付き合おうか」と告白されたのはそこから1年後

お喋りだという降谷建志は、MEGUMIの持ち前のトーク力に「ノリ合うな」「オマエといると楽しい」と意気投合しながらも、恋愛のスイッチはまったく入らなかったという。

MEGUMIいわく降谷建志は「納得するまでの時間がものすごくかかる。

いろんな角度から私を見て、納得いくまで1年かかったということなんです」と語り、その1年間は「あくまで友達。男同士の友達のように遊んで、ご飯を食べて、家に行って」「一緒にご飯を食べても、家に行っても、お喋りするだけ。

『じゃ今日はこれで』『あ、そうですよねえ』って帰るっていう(笑)。

でも好きなので合わせるしかなかった」とひたすら耐え忍んだという。

行動力も然ることながら、その忍耐力も尊敬に値する。

二人の出会いはMEGUMIさんが骨折していた時の病室で見ていたテレビに降谷建志さんが写っていたことが始まりでした。

いきなり電話番号を教えてくださいと声をかけ、降谷建志さんはドン引きしたんだとか(笑)

こんな怖そうな人にいきなり電話番号を聞き、ドン引きされてもめげなかったMEGUMIさんが凄すぎて本当に驚きました。

降谷建志さんから誘いが全く来なくてもご飯行きましょうかと催促しためぐみ!!

こんなんで上手く行くなら…私ももっと行動をしてみたらよかったと…振り返りたくなる過去がいくつかあります(笑)

男性って女性からアプローチしても無理なのかと思いましたが…!?

2人の場合はある日突然、降谷建志さんの気持ちは変わったようです。

結局1年後に付き合おうかと言われためぐみさん。

ノリが合うところ、一緒にいると楽しいと思わせたところは同じ同性としてただただMEGUMIがすごいな!!の一言に尽きます。

あの豊満なボディを前にしてもしばらくはおしゃべりするだけだったなんて…。

降谷建志さんもこんな行動をするいい男だったとはとても驚きました。

私は今すでに結婚してしまいましたのでもう無理ですが…もしも生まれ変わったらMEGUMIさんのように大好きな男性に一度は猛アプローチしてみようかと思います。

KjとMEGUMIに息子が誕生

MEGUMIが結婚・妊娠を発表する2カ月前に発売された『FRaU』(講談社)のインタビューでは、ひとりの男性と長く付き合っていくことで「ラブラブの時期よりも想いは強烈になっていくと思うんですよね。

その想いがもっと強くなって結婚したくなったら、迷わず自分から言うでしょうね」

「『ずっと一緒にいたいんだけど、これから私たちどうする?』と想いを伝えてみようかな」と語っている。

妊娠がきっかけではあるものの、ほぼ有言実行したと言えるだろう。

『GINZA』では、現在の夫婦の目標を「添い遂げること」と明かし、「ある意味、結婚は修行。

でも、一緒にいることがつまらなくなったら苦行になる。

だから、楽しく一緒にいたい。

そのためには、お互いに魅力的な存在でなくちゃいけない。

仕事も頑張らなきゃいけないし、ビジュアルも手を抜かない

そして、結婚記念日いいね、誕生日いいねって、家族の記念日は思いっきりパーティをやって盛り上げて。

とにかく、楽しくおかしく、悲しいこともつらいことも『ギャグ化』して。

そうして10年やってきたので、この感じで引き続きやっていきたいなって」と語っていた。

付き合い始めた二人はそのままゴールインし一人息子が生まれています。

  • 結婚後もお互いに魅力的な存在でなくちゃいけない。
  • 仕事も頑張るしビジュアルも手を抜かない。

楽しい時も悲しい時もギャグにして過ごしてしまうそんな心持ち…私はすっかり忘れてしまっていたのかもしれないとつい反省してしまいました。

8歳にして付き合って3年になる彼女がいるというMEGUMIの息子について「イケメンなんですよ。

KJの顔、そのまま受け継いじゃってるし」と坂下。

「音楽的にはどうなん?」と鶴瓶に尋ねられ「ドラムをやってます。常にスティック刺して学校行って」と、息子がズボンの両サイドにスティックを入れて登校していると話すMEGUMIに、坂下も「ちょっとヤベーやつ!」と驚きを隠せない様子。

「ヤベーやつですよ。休み時間に窓見ながらパンパンパンパン叩いてるんですよ。もうヤベー人ですよ!」と、母であるMEGUMIも困惑しているよう。

どうやらめぐみさんの一人息子、お父さんである降谷建志さんのやんちゃDNAを存分に引き継いでいらっしゃるようですね。

まだまだ小学生と幼い年齢ですが、今後中学生になった頃、芸能界に出てくるのではないでしょうか!!

才能あふれる両親の元に生まれた一人息子、どんなふうに芸能界に出てくるのか今からとても楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする